カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. 肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

気になる病気・症状

肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

 

乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグストアの店頭などで、「かゆみに効く!」とうたう保湿剤を多く目にするようになります。こうした保湿剤は、一般的な保湿クリームとどう違うのでしょうか。また、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか。

 

■保湿剤にさまざまな成分を加えたもの

 

「かゆみを止める」「かゆみに効く」とする保湿剤には、保湿効果のあるグリセリンなどの軟膏基材に、かゆみを止める成分や炎症を鎮める成分が混ぜられています。商品によって組み合わせは異なりますが、ここではよく使用されている代表的なものを取り上げてみました。

 

●抗ヒスタミン薬

ヒスタミン受容体をブロックすることで、かゆみ症状を軽減したり予防したりします

【よく使われている成分】
・ジフェンヒドラミン塩酸塩
・クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

●抗炎症成分

【よく使われている成分
・グリチルレチン酸:甘草の根から抽出されるグリチルレチンから得られる抗炎症成分。体内で生成される副腎皮質ホルモンの働きをサポートする効果があるとされる。

 

●かゆみ止め成分

麻酔成分などによってかゆみを鎮めます。

【よく使われている成分】
・リドカイン:世界で最も広く使用されているという局所麻酔薬。麻酔効果によりかゆみを止める
・クロタミトン:かゆみ止めの作用機序は不明だが、オイラックスの名で知られ、よく用いられているかゆみ止め。

 

●ビタミン類

血流を改善し、症状の回復を助けます。
【よく使われている成分】
・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE酢酸エステル)

 

これらのほかに、商品によって、皮膚の保湿性を高め皮膚を軟らかくする効果のある「尿素」や、使用感を高めるメントールなどが配合されていますが、そうした成分が刺激となり、塗った際にピリピリ感や痛みを伴うことも。

期待したい効果を得られる成分が配合されたものを選ぶとともに、肌に塗って刺激を感じたり合わないと感じたら、早めに使用を中断するようにしましょう。

 

 

■症状が強い箇所にはステロイドを

 

ステロイド剤とは、広がった毛細血管を引き締める効果があり、赤みやかゆみがつよい場所の炎症を鎮める効果が高い薬剤。ステロイド剤を含むかゆみ止めも様々なタイプが市販されていますので、症状が強い場合は、ステロイド成分を配合したもので炎症を抑えましょう。

 

●ステロイド薬(副腎皮質ステロイド薬)

炎症を鎮める、毛細血管を引き締めて皮膚の赤みやかゆみをとる
【よく使われている成分】
・プレドニゾロン
・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
・デキサメタゾン酢酸エステル
・ヒドロコルチゾン酢酸エステル
・ベタメタゾン吉草酸エステル

 

 

ドラッグストアには非常にたくさんの種類の外用薬が並んでおり、よく効くものもたくさんあります。箱に書かれた成分を参照するとともに、困った際には薬剤師に相談して、自分にあった薬品を選びたいですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/02/17-357797.php

 

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

汗をかくと身体がかゆい!それはコリン性じんましんかも?

汗をかきはじると、身体がかゆくなることはありませんか? もしかすると、それはコ...

ドライスキンの原因は金属や化学物質だった?痒みの原因を徹底分析

   大変な不快感を伴う皮膚のかゆみ。しかし、皮膚のかゆみがどうして起こる...


静電気よさらば!静電気除去して「バチッ」予防

  乾燥する冬は「パチっ」と静電気が起こりやすい季節です。そんな静電気を除去す...

セラミドやヒアルロン酸…かゆみ肌を改善する成分とは?

  毎年冬になるたびに肌が乾燥し、かゆくて眠れなくなる…。どんなものを取り入れ...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る