カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 肌がかゆい!湿疹や乾燥肌の治療法と市販薬の選び方

気になる病気・症状

肌がかゆい!湿疹や乾燥肌の治療法と市販薬の選び方

乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグストアの店頭などで、「かゆみに効く!」とうたう保湿剤を多く目にするようになります。こうした保湿剤は、一般的な保湿クリームとどう違うのでしょうか。また、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか。

 

保湿剤にさまざまな成分を加えたもの

「かゆみを止める」「かゆみに効く」とする保湿剤には、保湿効果のあるグリセリンなどの軟膏基材に、かゆみを止める成分や炎症を鎮める成分が混ぜられています。商品によって組み合わせは異なりますが、ここではよく使用されている代表的なものを取り上げてみました。

 

●抗ヒスタミン薬

ヒスタミン受容体をブロックすることで、かゆみ症状を軽減したり予防したりします。

 

よく使われている成分

・ジフェンヒドラミン塩酸塩

・クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

●抗炎症成分

よく使われている成分

・グリチルレチン酸:甘草の根から抽出されるグリチルレチンから得られる抗炎症成分。体内で生成される副腎皮質ホルモンの働きをサポートする効果があるとされる。

 

●かゆみ止め成分

麻酔成分などによってかゆみを鎮めます。

 

よく使われている成分

・リドカイン:世界で最も広く使用されているという局所麻酔薬。麻酔効果によりかゆみを止める

・クロタミトン:かゆみ止めの作用機序は不明だが、オイラックスの名で知られ、よく用いられているかゆみ止め。

 

●ビタミン類

血流を改善し、症状の回復を助けます。

 

よく使われている成分

・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE酢酸エステル)

 

これらのほかに、商品によって、皮膚の保湿性を高め皮膚を軟らかくする効果のある「尿素」や、使用感を高めるメントールなどが配合されていますが、そうした成分が刺激となり、塗った際にピリピリ感や痛みを伴うことも。

期待したい効果を得られる成分が配合されたものを選ぶとともに、肌に塗って刺激を感じたり合わないと感じたら、早めに使用を中断するようにしましょう。

 

症状が強い箇所にはステロイドを

ステロイド剤とは、広がった毛細血管を引き締める効果があり、赤みやかゆみがつよい場所の炎症を鎮める効果が高い薬剤。ステロイド剤を含むかゆみ止めも様々なタイプが市販されていますので、症状が強い場合は、ステロイド成分を配合したもので炎症を抑えましょう。

 

●ステロイド薬(副腎皮質ステロイド薬)

炎症を鎮める、毛細血管を引き締めて皮膚の赤みやかゆみをとる

 

よく使われている成分

・プレドニゾロン

・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

・デキサメタゾン酢酸エステル

・ヒドロコルチゾン酢酸エステル

・ベタメタゾン吉草酸エステル

 

ドラッグストアには非常にたくさんの種類の外用薬が並んでおり、よく効くものもたくさんあります。箱に書かれた成分を参照するとともに、困った際には薬剤師に相談して、自分にあった薬品を選びたいですね。

 

 

全身がかゆい!?その乾燥、入浴が原因かも

冬場の空気が乾燥季節になると、からだのあちこちがかゆくなる人も多いのではないでしょうか。

これらのかゆみの原因の多くが、皮膚の乾燥。どうして肌が乾燥してしまうのでしょうか?もしかしたら、毎日の入浴に原因があるかも知れません。

 

体は毎日洗うべき?

毎日お風呂に入り、毎日体を洗うという人が多いのではないでしょうか?でも実はそれが乾燥肌を作っている場合があります。

そもそも、体を毎日石鹸で洗う必要はあるのでしょうか。

体の汚れは、汗やほこりといった水溶性の汚れがほとんど。だから、シャワーで流したり、バスタブに浸かるだけでほとんどの汚れは落とせてしまうのです。

 

石鹸が必要なのはからだの一部のみ

石鹸で洗う必要があるのは、油性の汚れである皮脂が多く出る部分だけ。皮脂が多い部分は、背中と、胸の真ん中です。そのほか、わきの下や陰部などの蒸れる部分、臭いが付きやすい足先などは、毎日石鹸で洗っても構いません。しかし、腕や足、おなかなどの部分は毎日石鹸で洗うと乾燥してしまいます。30代を過ぎたら、石鹸を使って洗うのは週2回程度でOKです。

 

たっぷりの泡がやさしい?

たっぷり泡立ったボディソープの泡が、肌にやさしいというイメージもあるのでは。しかし、液体ソープは石鹸に比べて、刺激の強い界面活性剤などを多く含む場合が多いです。また、ナイロンタオルやボディスポンジは、石鹸が良く泡立ちますが、肌への負担は少なくありません。体を洗う場合は、固形石鹸を木綿のタオルや手で泡立てて洗うのがおすすめです。

 

お湯の温度に注意

皮膚の表面は角質で覆われていますが、角質は皮脂の膜や、角質細胞内脂質によって保護されています。入浴時には角質層がゆるみ、皮脂膜や細胞内脂質が溶け出してしまいますが、お湯の温度が高いほど、溶け出す量が多くなります。高すぎる湯温のお湯への入浴は肌を乾燥させる原因になります。

 

肌には自然のターンオーバーがあります。入浴の際には、必要以上に保護している皮脂を洗い流すことなく、体が本来持っているバリア機能を維持していきたいですね。

 

保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。暖房の効いた室内や、汗をかいたあとなどはかゆみが増して辛い…。そんな肌を治療する際、どのように行うのでしょうか?

ここでは基本的な治療についてまとめました。

 

治療のベースとなるスキンケア

肘や膝のあたりや首など、ポイント的にかゆみが強い場合や、全身がくまなくかゆい場合など人によって症状は様々ですが、いずれも基本となるのは全身の保湿ケア。皮膚科で処方される代表的なスキンケア薬には以下のようなものがあります。

 

●白色ワセリン(プロペト、ワセリンなど)

脂質性軟膏で、全身の乾燥のほか、じゅくじゅくした発疹にも、乾燥した発疹にも使えます。刺激が少なく、お風呂上りに使用すると効果が期待できますが、全身に使うとべとつきが強く、下着が劣化するなどの不快感があります。

皮膚科ではチューブに入ったプロペトなどが処方されますが、ドラッグストアなどで市販されている白色ワセリン、ワセリンなどと成分は同じです。

 

●ヒルドイド

保湿力が非常に高く、角皮症、皮膚のカサつきの改善に効果があります。とくに、かゆみを伴う乾燥肌に効果があります。

 

ローション、クリーム、軟膏などのタイプがあり、アトピー性皮膚炎から乾燥肌、しもやけまで幅広く使われています。目立った副作用がないため、赤ちゃんから安心して使用することができます。

 

主成分はへパリン類似物質。ヘパリンとは血液凝固阻害作用のある物質で、へパリン類似物質を主成分とするヒルドイドは、血行障害を改善することで肌の乾燥を自然に改善しようとするものです。

ヘパリン類似物質は医療用医薬品の製品しかないため、ヒルドイドは医師の処方がないと購入することができません。

 

ポイント的にステロイド剤を使用

部分的に赤くなってガサガサし、強いかゆみを伴う場合には、ステロイド外用剤を使用することで、短期間で症状を改善することができます。

 

ステロイドって?

ステロイドは、正しくは副腎皮質ステロイド剤といい、体内の副腎から分泌される副腎皮質ステロイドホルモンと同じ働きをする薬剤のことを言います。内服薬と外用薬があり、さまざまな病気の治療に用いられていますが、皮膚疾患で用いるのは基本的に外用薬です。

 

ステロイドの種類

ステロイド外用薬には、1群から5群まで、強さに応じた段階があります。乾燥によるバリア低下から生じた皮膚炎から、重症のアトピー性皮膚炎まで使われていますが、乾燥やバリア低下によるかゆみに用いられるのは、一般的に4群(弱め・ミディアム)のステロイド剤です。

 

よく処方される4群のステロイド剤

・リドメックス

・キンダベート

・ロコイド

・アルメタ

 

など

 

よく処方される3群(強い・ストロング)のステロイド剤

・プロパデルム

・リンデロン

・フルコート

 

ステロイド軟膏は、基本的には1日2回塗ります。かゆみ止めではないので、塗ってすぐにかゆみが治まるわけではありませんが、5分~10分ほど我慢していると、徐々にかゆみが鎮まって来ます。赤みやガサガサがなくなるまで、毎日一定期間塗り続けることが大切です。

ほんの少ししか塗らなかったり、途中でやめてしまうと治すことができません。

 

内服薬

アレルギーによる皮膚のかゆみが考えられる場合や、かゆみで仕事や睡眠に支障が出ているような場合は、抗ヒスタミン薬などの内服薬を服用することがあります。

 

アレルゲンの刺激により、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが分泌されてしまうのに対し、抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体をブロックすることで症状の発症を防いだり、軽くしたりする効果があります。花粉症やアレルギー性鼻炎などに用いられており、アトピー性皮膚炎に対するかゆみの軽減効果もあります。

 

市販の乾燥肌やかゆみ肌用の保湿剤を塗り続けても症状が改善しない、あるいは悪化する場合は医師の診断を受けてみるのもひとつです。市販されていない薬を適切に使用することによって、短期間で辛い症状から解放されるかもしれません。

 

頭皮にブツブツやかゆみ・・・湿疹の種類と対策法はコレ!

「ボツボツにかゆみに…また湿疹?」ほんとうに困ってしまいますよね。

ところで、どうして湿疹ができるのか知っていますか?

 

ここでは、生活のなかで起こりやすい代表的な湿疹について、症状からまとめていきたいと思います!

 

湿疹ってどんなもの?

湿疹は、かゆみをともなう赤いブツブツが、体の一部にあらわれるものです。

かゆみや赤みが、数日から1週間以上症状がつづくのが一般的です。

 

よくある湿疹  

1.接触性湿疹

いわゆる「かぶれ」のことです。

皮膚に接触したいろいろなものが原因で発生する場合と、アレルギーによる場合があります。

 

<原因の例>

・化粧品や洗剤などによるかぶれ(洗濯洗剤、台所洗剤、白髪染め、ポイントメイクなど)

 

・植物によるかぶれ(ぎんなん、さといもなど)

・ゴムによるかぶれ(ゴム手袋、ゴーグルなど)

・金属によるかぶれ(ネックレス、指輪、眼鏡など)

・衣類によるかぶれ(上着の襟やタートルネック、下着など)

 

ブラジャーのヒモやワイヤー、ホックなどはかぶれを起こしやすいかもしれません。

きつすぎるパンツや下着も要注意です。

 

下着やタートルネックも「肌触りが悪いな」と思いつつ、我慢して着ていると、湿疹の原因となることがあるので、刺激を感じたら着用を中止したいですね。

 

また、「どうも最近、服を着ている部分だけかゆくなる」と思うときは、洗剤を見直してみると良いかもしれません。

 

2.脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

頭、顔、首、胸、背中、わきの下、陰部、紅毛周囲、乳房の下など、脂漏部位に起こる湿疹です。

通常は赤い斑状の湿疹ができ、細かい粉をふいたような状態になります。

 

頭部にできることも多く、多量のふけがある状態になります。

一般的に、かゆみは軽度です。

 

女性よりも男性に発生しやすい湿疹ですが、思春期以降から老年期の男女まで、幅広く発生します。

なかなか治らず、長期間付き合う必要のある人もいます。

 

<原因の例> 

・春から夏にかけて脂漏内で細菌が活発化するため

・洗浄力の弱いシャンプーや石鹸で洗っていたため

・脂質、糖質、アルコール類の摂りすぎ

・ストレス等によるホルモンバランスの乱れ

・体質

 

3.皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)

脂漏性湿疹とは異なり、皮脂が不足し乾燥することによって起こる湿疹です。

乾燥した冬季近くになると増え、最もポピュラーな湿疹となっています。

 

とくに、皮脂腺の機能が未熟な10歳以下の幼児や、皮脂腺が低下してきている高齢者に多い湿疹です。

 

<原因の例> 

・皮脂の分泌の低下による乾燥

・冬場はゆっくり入浴するため乾燥が進む

・暖房の効いた乾燥した環境で乾燥が進む

 

乾燥肌はたいていかゆみを伴いますが、乾燥だけで湿疹のない肌は「皮膚そう痒症」といい、市販の保湿クリームだけで改善します。

しかし、乾燥肌が長く続いたり、かゆいところを頻繁にかくことによって、「掻破性湿疹」と呼ばれる湿疹が発生します。

 

秋の早い時期からしっかりと保湿することで、掻破性湿疹にならないようにしたいですね。

 

こうした湿疹は、原因は異なりますが同時に発生することがあります。

湿疹のできた部位や皮膚の状態をみることで、どんな湿疹が起こっているかが判断しやすくなります。

 

 

運動したときの皮膚のかゆみ!解消する方法はある?

冬は美味しいものが多くてたくさん食べてしまい、体重が増えてしまったという人もいると思います。冬は夏場のように外で運動することがあまり苦ではないですから、運動をし始めるという人もいるでしょう。 

 

運動したらなんだかかゆい…

運動をすると体の血流が良くなります。お風呂に入って血流がよくなることによってかゆみを覚える人がいるように、運動によって血流が良くなった場所はかゆみを生じやすいです。これは縮まった血管が運動によって一気に拡張するからであって、血管の周りにある神経が刺激されてかゆみが生じます。こうしたかゆみは運動をやめてしばらくすれば治まります。逆にかゆいときにかいたりしてしまっては皮膚への刺激を追加してしまい、余計にかゆみは治まりにくくなります。

 

緩和策1:定期的に運動

運動したら足や腰回りがかゆくなるのは仕方のないことなのでしょうか。これからずっと運動をするたびにかゆみが生じるのでは、運動をしたくてもできません。運動したときのかゆみは日ごろ、運動不足の人に起こりやすいものです。普段運動をしないのに、ある日突然思い立って運動をするというときに生じやすく、これは毛細血管の発達の問題の様です。普段運動をしない人は、毛細血管が発達しておらず、こうした変化に毛細血管がついていけないのです。そのため定期的に運動して、毛細血管を強くしていけば数週間でかゆみを生じにくくなるのです。

 

緩和策2:保湿クリーム

皮膚が敏感な人ほど運動した際のかゆみは生じやすいです。乾燥肌の人であったり、アトピー性皮膚炎の人であったり、皮膚のバリア機能が弱い人は注意しなければいけません。そのため保湿クリームなどによって肌のバリア機能を高めておくことで予防あるいは改善できるかもしれません。しかしこれは人によって効果は様々です。 

 

本質的にかゆみ症状を根本的に改善するためには、自分の体を強くすることが必要なのです。

 

Photo by:http://www.ashinari.com/2012/02/17-357797.php 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

ポカポカ温度でも要注意!見逃しやすい低温やけど、症状は?対処法は?湯たんぽの使い方も

 カイロや湯たんぽ、スイッチを入れるだけですぐ温まる電熱式のブランケット…。...

湿疹が教えてくれる、体のSOSのサイン!顔面麻痺…急性期と慢性期のリハビリの違い

蕁麻疹や湿疹といったトラブルは、体のSOSのサインです。  なかでも細菌感...


低温やけどが治るまでにかかる時間は?応急処置の注意点、防ぐ方法とは?

気が付かないうちにうっかりできてしまうことのある低温やけど。治るまでにはどの...

もしかして汗疱?汗疹性湿疹?「あせも」と間違えやすい病気!

あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状が改善...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

皮膚の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る