カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 低温やけど >
  5. 子どもの低温やけどの原因&予防とは?

育児・子供の病気

子どもの低温やけどの原因&予防とは?

冬に多く起こる、低温やけど!これは、毎日生活する我が家に潜んでおり、身近に使う物なのであまり危険性を感じないまま生活することが多いです。しかし、低温やけどはとても怖いものです。低温やけどを起こす物と、予防法をまとめてみました。日々の生活で使う場合には十分気をつけてください。

 

 ◆低温やけどを起こす物!

・使い捨てカイロ

・ホットカーペット

・電気こたつ

・湯たんぽ

・電気ヒーター

 

◆実はこんなものまで・・・

身近な物で、携帯電話やパソコンなども低温やけどを起こすケースがあります。充電中や、使用時間が長いことによって、本体に熱がこもり、手の平や、接触している皮膚の部分が気づかないうちに低温やけどをしていた・・・なんてことも!

 

◆低温やけどの予防とは?

使い捨てカイロなどは肌に直接あたらないように。ホットカーペットや電気こたつなどは使用時間を考え、設定温度も低めにしましょう。一番は、低温やけどになる物を使わずに、厚着をする・手袋や靴下!などでの対応が望ましいです。 

 

低温やけどは、瞬間的にわからないため、知らない間にジワジワと火傷をおこしている・・・といった場合が殆どですが、その分、完治するまでにも時間がかかってしまいます。使用しないで防げるのであれば、使用しないことが一番安全ですが、使用する場合には、しっかり温度・時間を考えましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/01/15-375113.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけどに関する記事

子供の低温やけど、どの程度で病院に行く?!で覚えておきたい3つの重症度!

おうちで起こる低温やけどには、実はレベル分けがされているって知っていましたか?...

事前に予防をしよう!すぐできる☆低温火傷をおこさないための3つのポイント

お子さんの低温やけどは、大人が気づかないうちにどんどん深く深刻化してしまいます...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

低温やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る