カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 低温やけど >
  5. 「気付きづらいやけど」子どもの低温やけどの原因と対策

育児・子供の病気

「気付きづらいやけど」子どもの低温やけどの原因と対策

普通の火傷とちがい、いつの間にか起きてしまっている低温やけど。その症状に気づくころには、皮膚の深い部分まで浸透しており、数日後には異変が・・・なんてことも!そもそもなぜ低温やけどを起こしてしまうのでしょうか。その原因と対策について考えてみました。

 

◆なぜ起こる?

日々の生活で、低温やけどになりうる電化製品などを使う生活に慣れてしまっていることが、低温やけどを起こす原因でもあります。毎日使用しているので、危険の意識が薄れてしまうことや、お子さんにとっては心地よさが実感できるため、必要不可欠な存在となってしまうのです。

 

◆原因となるものとは?

・ホットカーペット

・電気毛布

・湯たんぽ

・電気コタツ

・ホッカイロ

 

◆対策とは?

一番確実な対策は、原因となるものを生活から無くしてしまう!ことですが、全てが全て、無くしてしまっては体にも負担がかかってしまいます。湯たんぽなどは厚手の靴下で代用!であったり、設定温度を下げるなどの対策を取ることで、改善しましょう。

 

 

毎日の生活で使用しているものなので、無くしてしまうと、逆に体が冷えてしまったり、体調をコントロールできなお子さんが風邪をひく・・・などと、また別の問題も出てきてしまう場合もあるので、上手に付き合いながら、低温やけどを起こさない対策をとるよう心がけましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2011/01/10-344674.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけどに関する記事

子どもを守る!低温やけど回避術!

秋から冬にかけては、子どもの低温やけどが多くなる時期です!起こしたくないと思っ...

危険!子どもの低温やけど! 事前に出来る☆お部屋での予防法

自分で歩き回るようになると、大人の気持ちとは裏腹に子どもはドンドン進んで歩きま...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

低温やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る