カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

介護・認知症

アロマセラピーで脳を刺激

a1180_006557.jpg

 

植物から天然の精油を用いたアロマセラピーアルツハイマー型認知症などに有効な療法として広まっています。
アルツハイマー型認知症は嗅覚機能が低下しますが、その予防効果も期待できるのです。
香りは鼻から吸い込まれ、嗅細胞が香り分子を電気信号に変換し、脳を直接刺激することになります。
この刺激が認知症に効果的なのです。
精油が嗅覚から取り込まれ、脳に様々な刺激を送ります。
その刺激によって、感情や学習機能など効果も期待できるのです。
また一般の人がアロマセラピーに求めるようなストレス軽減や、不眠の改善などの効果も当然期待できます。

アロマセラピーのメカニズム

1.
香り分子が鼻に吸い込まれると嗅細胞が興奮電気信号を発する
2.発生した電気信号が脳に送られ、電気信号の種類によって様々な効果が引き起こされる

アロマセラピーの効果は、香りが直接脳への電気信号となる事から、認知症患者でも速効で効果が現れるでしょう。
香りを楽しみながら認知症ケアにもなり、またその香りは当然、介護する人にも同時に恩恵を与えます。
アロマの香りでリラックスしながら認知症患者を介護する環境が構築できるのは非情に魅力的ではないでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/14-372920.php)


著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

非薬物療法に関する記事

タッチケアで絆を再構築

 タッチケアとは触れ合うことで絆を確かめ合うコミュニケーションの基本とも言えるケ...

認知症を悪化させないために…教えることを諦めないで!基本的な情報でも何度でも伝えよう

 認知機能が低下してしまうと、自分で情報を得ようと行動することも少なくなってしま...


アロマで脳を刺激してアルツハイマー型認知症予防!その方法と効果

      アルツハイマー型認知症の根本的な治療がない為、予防に力を入れて...

臨床美術=お絵かき 認知症の機能改善に効果的なアートセラピーをやってみよう

  認知症の機能改善に効果的なアートセラピーなど臨床美術の効果は有効なものですが...

カラダノートひろば

非薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る