カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 大腸炎 >
  5. 乳糖不耐症の改善にはヨーグルトが有効

気になる病気・症状

乳糖不耐症の改善にはヨーグルトが有効

       

乳糖は、母乳やミルクに含まれている糖分の一種で、新生児が成長するために必要な物質です。そのままでは腸管から吸収されず、小腸で乳糖分解酵素によって、グルコースとガラクトースという吸収されやすい糖に分解されて吸収されます。

 

<乳糖不耐症>


乳糖不耐症の方は、この乳糖分解酵素が不足しているため、ラクターゼの活性が低下しています。そこに乳糖を含んだ牛乳などの食物入ると、その乳糖をうまく分解できず、分解できなかった乳糖は吸収することができないため、結果的に腸管内に乳糖が残り、腸内細菌が反応することで下痢を起こしてしまいます。

 

<改善法>


乳糖不耐症は、小腸でのラクターゼの働きに問題があるために起こるものですが、これは健康であっても起こり得る現象です。ラクターゼを使用する食品、要するに乳糖を含むミルクや牛乳などの乳製品を摂取しなければ、下痢などの不快な症状が起こることはありません。

 

ある程度成長した児童や成人は牛乳や症状を引き起こす原因になる食品を摂取しなければ良いことですし、症状がでてしまっても、しばらくすると症状は自然に治まります。


しかし、そのままでは日常生活でずっと乳製品を取ることはできません。そこで、ある程度体調の良い時期を見計らって、乳糖不耐を改善する試みを行ってみるのも一つの改善手段です


例えば、ヨーグルトのような乳酸醗酵された醗酵乳を摂取して、その中で生存している乳酸菌の持つ乳糖分解酵素を、徐々に腸管に補給していくという方法です。これは、定期的に補給すること、要は毎日少しずつヨーグルトを摂取することで、乳糖不耐症の改善を試みるという点ではかなり有効なようです。


その他、ラクターゼ製剤を服用する、また連日牛乳を飲み続けるなどして、腸内のラクターゼ活性が上がることを期待するという方法もあります。


牛乳に関しては、「お腹がゴロゴロしにくい牛乳」と言うものも最近は販売されていますので、最初はこちらから初めて、徐々に通常の牛乳に切り替えていくというのも良いでしょう。

 

<まとめ>


外出先などで意図せず乳糖を含んだ食品を摂取し、辛い症状に悩むより、徐々に体質改善を試みてみるのも、普段の生活の質を改善するという意味でも、良いのではないでしょうか。ただし、先天性の乳糖不耐症の方には、この方法はお勧めできませんので注意してください

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/08/16-380945.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸炎に関する記事

難病指定の潰瘍性大腸炎(UC)

  具合が悪いと病院に行き、医師から診断が出ます。 病気には必ず原因があ...

若い人に急増!潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは?潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍(深い傷)が...


潰瘍性大腸炎をヨーグルトで予防

  大腸の粘膜に潰瘍やだたれができる潰瘍性大腸炎は近年国内でも増加している病です...

病気を治す薬が、大腸炎を引き起こす!?

    小さな病気でも大きな病気でも、体調に異変がでると必ず使うのが薬で...

カラダノートひろば

大腸炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る