カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 不正出血から考えられる病気、子宮膣部びらん・子宮筋腫・子宮頸管ポリープ見逃さないで

女性のカラダの悩み

不正出血から考えられる病気、子宮膣部びらん・子宮筋腫・子宮頸管ポリープ見逃さないで

トイレでドキッとしてしまう不正出血。心配いらない不正出血と、気にした方がいい不正出血があるのをご存知ですか? 

その不正出血は病気のサインかも...

それぞれの不正出血の特徴を知っておきましょう。

 

心配のない不正出血

排卵のときに起きる「排卵期出血」は、心配ないケースがほとんどです。

 

生理と生理のちょうど中間ほどの時期に、卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下することによって少量の出血がおこるもので、排卵期出血がある人もいればいない人も、いつもある人もいればたまに出血するだけの人もいます。

 

出産後に排卵期出血するようになったという人もいます。

 

不正出血が知らせる不調

いっぽう、不正出血が何らかの病気のサインであることもあります。

 

不正出血が症状として現れる病気には、子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫のほか、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどが挙げられます。

 

1. 子宮膣部びらん

子宮の先端の子宮膣部がただれたり、炎症を起こしている状態。

びらん自体は多くの女性に生理的に現れるもので病気ではなく、治療の必要もありません。

 

しかし、性交のたびに出血する、おりものが増えるなどの症状を伴う場合には治療を行います。

子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期症状と似ているため、治療に際してがん検査を行います。

 

2. 子宮筋腫

不正出血と合わせて、月経量が増える、生理痛が強くなるなどの症状が現れます。

不妊の原因になることもありますが、小さいうちであれば、手術も簡単なため、早めに受診したほうが良いでしょう。

 

3. 子宮頸管ポリープ

スポーツや性交のあとに出血する場合に気になるのが子宮頸管ポリープです

子宮頸部にポリープができ、子宮口の外に垂れ下がった状態になるとさらに出血しやすくなります。

 

性交のたびに出血する、生理が重くて辛いなどの症状を伴う不正出血は、体のSOSサインの場合がありますので、我慢せずに婦人科を受診するようにしたいですね。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

更年期には不正出血が多い?原因と対処法を知ろう!

更年期は女性の体が変化する時期です。終わりまでの期間は個人差があり40-50...

生理一週間前に起きる不正出血は病気?心配な出血と大丈夫な出血のちがいは

  生理になって出血があるのは当然ですが、生理になる前に出血があることはないで...


更年期はどうして太りやすくなるの?食事で行う更年期のセルフケア

「特に食べ過ぎてもいないのに太りやすくなった」というのは、男女問わず更年期に多い...

生理前の気になる出血!!これって妊娠?生理?…それとも?!

「なにかの病気?それとも妊娠?」 まだ生理でもないのに出血があると、病気な...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る