カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 症状 >
  5. 変形性膝関節症~膝に水が貯まるのはなんで? 膝の炎症の原因

関節痛・腰痛

変形性膝関節症~膝に水が貯まるのはなんで? 膝の炎症の原因

 

 

 変形性膝関節症の2大症状といえば、膝の痛みと水がたまることです。

何故膝の中に水が溜まってしまうのでしょうか?

 

膝の構造

膝の関節面は骨同士が直接擦れ合わないように軟骨で覆われています。そして軟骨の滑りを良くする為の関節液が入っています。

この関節液が膝に溜まる水の正体です。 

 

軟骨がすり減る

膝に炎症が起きているから水がたまります。炎症が起きるのは軟骨が歪にすり減ってくるためです。

年齢と共に体のあらゆる細胞は水分を失っていき、軟骨も例外ではありません。水分が抜けて小さくなると共に、毎日何度も何度も擦れてすり減っていきます。

軟骨は再生しないので一度すり減ると元には戻りません。

特にX脚の人は外側が、O脚の人は内側ばかりがすり減ってしまいます。 

 

炎症が起きる 

年齢と共に骨自体の形も変わってくるために、軟骨の一部にだけ負担がかかることになります。

一部に負担がかかるとそこだけがすり減ってしまいます。軟骨自体に神経は通っていないのでどれだけすり減っても痛みはありませんが、軟骨の小さな破片が関節内を漂う事になります。

関節内を漂う軟骨は滑膜や関節包を傷つけて炎症を起こします。これが軟骨がすり減って水が溜まる原因です。

 

水を抜くと癖になる? 

よく膝の水を抜くと癖になるといいますが、そんな事はありません。

 

膝に溜まった水は周囲の組織を圧迫して痛みや動かしづらさを引き起こします。水を抜くと圧迫が取れて一時的に楽になります。 

しかし、水が溜まる原因である炎症を治さないと時間が経てば、また膝に水が溜まってきます。

問題なのは膝の炎症です。

 

まとめ

膝の水を抜くのは悪い事ではありません。しかし、一時しのぎの対症療法なのできちんと炎症を治すような治療も並行して行っていきましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/25-380592.php?category=265)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

変形性関節症の特有の症状~動き始めは痛いけど、じょじょに痛みが消えていく!

    変形性関節症にはある特有の症状があります。 それは動き始めがズキっ...

関節リウマチの関節以外に表れる症状って?神経から消化器まで様々な症状が表れる!?

関節リウマチでは関節以外の部分にも様々な症状が現れることがあります。 ここ...


どうして関節症は女性に多い?コラーゲン不足はこんな所にも!適度な運動と適量のコラーゲン

加齢と共に、膝に違和感を感じる・・・時には痛みも感じる。そういったことはあり...

高い尿酸値が原因ではない?!変形性膝関節症と合併する「偽痛風」

  ■痛風には症状が似た違う病名の偽痛風という紛らわしい病気があります。そ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る