カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 糖尿病でも献血に協力できる場合がある*でも無理は禁物!

生活習慣病

糖尿病でも献血に協力できる場合がある*でも無理は禁物!

糖尿病でも献血に協力できるの?

 

 

血液疾患、伝染性疾患の方は献血ができません。 ならば、献血はしても大丈夫なの?と不安に思われる方も多いと思います。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖が増えすぎてしまう病気です。

 

糖尿病でも献血OKの条件

結果からお話すると、インシュリンや薬物投与をうけておらず、食事療法・運動療法のみ行っていて、合併症のない方は献血が可能日本赤十字社で指針をだしています。糖尿病では、献血のできる方と、できない方がいらっしゃるようです。

 

安全な血液供給のための厳しい基準

血液は生命の維持に不可欠なものです。現時点で、血液の機能を代替できる手段はないため、医療において輸血はかかす事のできない治療法となっており、献血が輸血医療を支えています。

多くの方に協力をお願いしている献血ですが、献血する側、輸血する側、双方の安全を守る為に「献血基準」が設けられており、献血をご遠慮戴く場合もあります。

献血をご遠慮戴く場合には様々な理由がありますが、服薬中の方は、医師の判断によってご遠慮戴いています。

 

2型で食事・運動療法のみの場合OKとなることも 

糖尿病の場合、糖尿病のタイプや患者さんの状態に合わせて、食事療法・運動療法・薬物療法を組み合わせて治療が行われます。インシュリンの毎日の注射が必要になるのは1型糖尿病です。2型糖尿病の場合は、まず食事療法・運動療法による血糖のコントロールが中心になり、病気の進行状態によって、薬物療法がプラスされます。献血のできる方はこの2型糖尿病で食事療法・運動療法のみで治療できる方です。

 

糖尿病は自覚症状がなく、発見が遅れたり、治療を途中でやめてしまうことも多いようです。初期に病気を発見し治療を行い病気をコントロールしていけば、健康な人とほぼ変わらない生活ができますし、献血もできます。

献血をする前には、問診や血液検査など、細かいチェックがありますが、ご自身の体調に不安がある、低血糖の心配がある時などは、薬物療法をしていなくても、献血は控えましょう。

 

Photo by//www.ashinari.com/2011/06/16-348032.php 

著者: blueroseさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

空腹時血液検査のウラ技! 隠れ糖尿病を見つける

  糖尿病は血液中に含まれる糖の濃度、血糖値が高くなる病気です。 そして、血液...

糖尿病の指標HbA1cって?

長期間の平均血糖値の測定に用いられます。 ・どういうものなの? 赤血球の...


より詳しく糖尿病を知る!血中インスリン活性検査って?

  糖尿病は生活習慣病であるため、今糖尿病ではなくてもいずれ糖尿病になる可能性...

糖尿病のふるいわけ~定性・定量ふたつの尿糖検査

  糖尿病を知る検査のひとつに尿糖検査というものがあります。尿糖というのはその...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る