カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節リウマチ治療薬「エンブレル」とは

関節痛・腰痛

関節リウマチ治療薬「エンブレル」とは

 

関節リウマチの治療薬の一種である生物学的製剤は、関節の炎症や骨・軟骨の破壊の原因となるサイトカインの異常増殖を抑える効用を有する薬です。このサイトカインの一つに効果のある薬がエンブレルと呼ばれる薬です。エンブレルは90以上の国および地域ですでに承認または発売されている薬です。日本においては2005年1月に厚生労働省によって関節リウマチ治療薬として承認されました。この薬は注射による投与となり、病院に通って注射を受けることができますが、自分自身または家族によって注射をすることもでき、これを自己注射といいます。

 

エンブレルの自己注射には以下のプロセスを踏む必要があります。

 

エンブレルの自己注射に必要なプロセス

 

自己注射をするためには、まずエンブレルを通院によって投与をすることが重要です。そして、かかりつけのお医者さんから自己注射の説明を受け、自己注射を希望するかどうか判断しましょう。自己注射を希望してから、トレーニングを受けることとなります。トレーニングを受けて、自己注射の手順を習得してはじめて自己注射を開始することができます。

 

自己注射の利点と注意点

 

自己注射の利点はこの薬の投与のために通院をする必要がなくなり、時間的・金銭的・肉体的負担が軽減されるということで、患者の生活の質が向上することができます。他方で、病院に行く回数が減ることで副作用の発見および対応が遅れる場合があるという注意点を忘れてはいけません。特に発熱や咳、のどの痛み、血圧の下降などが見られた場合は、次の診察日を待つことなく、すぐにかかりつけの病院に行きましょう。

 

まとめ

 

通院の負担を軽減してくれるエンブレルの自己注射は大変便利ですが、注意点もしっかり理解した上で、自己注射を行うか判断しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/09/11-381913.php?category=14)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

リウマチ症状の4つのステージ

    リウマチというと痛そう、というイメージがある方も多いかもしれません。...

関節リウマチ治療に使用する「アザルファジン」の副作用について

  アザルファジンとは   自己の免疫機能不正常がもたらす関節の炎症及...


関節リウマチの検査所見って何?関節リウマチの診断基準

  関節リウマチは、膠原(こうげん)病の中でも最も発症率の高い病気の症状で...

今後期待される新リウマチ医療法~骨の作製・破壊のバランスをとる~

リウマチの治療法は昔とは異なります。新しい薬が使われるようになり、新しい治療...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る