カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 抗リウマチ薬、メトトレキサートの特徴について

関節痛・腰痛

抗リウマチ薬、メトトレキサートの特徴について

免疫系の疾患である関節リウマチの薬の一つに、メトトレキサート(MTX)があります。この薬は抗リウマチ薬だけではなく、抗ガン剤としても利用されています。同じ薬でも用途に応じて、商品名・投与方法が異なりますので、違いをしっかり理解することが大変重要です。

 

まず商品名ですが、抗がん剤の場合はメソトレキセート、抗リウマチ薬としてはリウマトレックス、メトトレキサートという名称で流通しています。

 

抗がん剤としての投与はメトロレキサート・ロイコボリン救援療法と呼ばれる注射による投与または、2.5mg錠剤による経口投与が主流です。他方で、抗リウマチ剤としての投与方法は2mg錠剤またはカプセルによる経口投与が一般的です。

  

メトトレキサートの禁忌・慎重投与

メトトレキサートはリウマチ患者にとって第一選択薬になる薬の一つですが、投与してはいけない患者、投与する際には慎重にしなければならない患者がいるので注意が必要です。

 

メトトレキサートの投与ができない関節リウマチ患者

妊婦

メトトレキサートに対する過敏症を有する者

胸水、腹水が認められる者

重大な感染症を有する者

血液系・腎臓系・肝臓系・呼吸器系障害を有する者

 

メトトレキサートを投与するには慎重を要する関節リウマチ患者

軽度の臓器障害を有する者

高齢者

低アルブミン血症を認める者

 

メトトレキサートの投与前に行う検査

メトトレキサートを投与する際には、一般生化学検査、免疫血清学的検査、胸部X線検査、そして肝炎ウイルスのスクリーニング検査を実施することが、日本リウマチ学会のガイドラインとして示されています。

 

メトトレキサートは関節リウマチ治療薬として良く使われていますが、抗がん剤との違いをしっかり理解すること、投与することができない患者、慎重に投与しなければならない患者がいることをしっかり理解しておきましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

抗がん剤「メトトレキサート(MTX)」によるリウマチの治療

  抗がん剤として開発されたメトトレキサートは、現在リウマチの治療薬として最も...

妊娠中のリウマチ治療で気をつける点

  せっかく子宝に恵まれ授かった新しい命に喜ぶ一方で、関節の痛みが生じ、病院で...


今後期待される新リウマチ医療法~骨の作製・破壊のバランスをとる~

リウマチの治療法は昔とは異なります。新しい薬が使われるようになり、新しい治療...

リウマチ検査で注目しなければならない値って何?

  リウマチとは手足などの関節が腫れて、徐々に全身の関節が壊されていくとい...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る