カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 低温やけど >
  5. 子供の低温やけど、どの程度で病院に行く?!で覚えておきたい3つの重症度!

育児・子供の病気

子供の低温やけど、どの程度で病院に行く?!で覚えておきたい3つの重症度!

おうちで起こる低温やけどには、実はレベル分けがされているって知っていましたか?お子さんに多い低温やけどですが、このレベル分けを知っておけば、迅速に正しい対応が出来ます!

 

◆レベルⅠ度「様子をみよう」

長時間肌が接触することにより皮膚の表面が赤くなってヒリヒリと痛んでしまいます。時間の経過とともに痛みや赤みも軽くなり自然と治っていくので様子をみましょう。

 

◆レベルⅡ「応急処置をして病院へ!」

【火傷の深さが浅い場合】

皮膚は赤くヒリヒリし、時間が経っても改善されない症状が多いです。放置しておくとそのうち水疱などが出来てしまいます。水泡によって対処が異なるので、病院へ受診をしましょう。

 

【火傷の深さが深い場合】

火傷の深さが深いと、赤くなり、火傷をした部分によっては治癒に長い時間がかかるケースも。あまりに酷いと植皮しなければなりません。応急処置後は病院へ!

 

◆レベルⅢ度「重症です!患部を冷やしすぐに病院へ!!」

やけどの深さがとても深い場合はこのレベルに達します。皮下細胞をも破壊してしまい、痛みすら感覚が無くなってしまうほど。長い間継続して治療をしたり手術が必要なケースも!

  

「まぁ、低温やけどだし」「大丈夫でしょう!」と判断しても、数日後には異変が・・・なんてことにもなりかねません。お子さんの場合には、皮膚が薄いのでレベルⅢに達する時間は大人よりも早いのです。症状が酷いようであれば、すぐに診てもらいましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2011/03/29-346223.php?category=51 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけどに関する記事

暖房器具以外にもこんなものが低温やけどの原因に!?注意したいおうちの環境

赤ちゃんのやけどの9割は家庭内で起きています。赤ちゃんは6ヶ月を過ぎると自分...

やけどにはアロエは本当?!低温やけどの「正しい治療法」

やけどをした時に、よく聞く「アロエが良いよ!」などという情報。実際に、効果はあ...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

低温やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る