カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病より身近な低血糖の危険

生活習慣病

糖尿病より身近な低血糖の危険

a0007_001205.jpg

 

糖尿病と低血糖症

糖尿病は血糖値が高止まりして、心筋梗塞や脳卒中などの危険性が高くなる恐ろしい病気です。ですが、血糖値に関わる病気では、糖尿病よりも身近で同じくらい危険なのが低血糖症です。

 

血糖値が高くなる糖尿病とは全く関わりの無い病気と思われるかもしれませんが、低血糖症になる原因の一つは糖尿病の薬が効き過ぎるという非常に密接に関わる病気なのです。

 

高い血糖値を下げることは必要なのですが、下げすぎても低血糖症になる血糖値のコントロールは非常に繊細です。糖尿病患者だけでなく、それ以外の健常者も意外なほど多く低血糖症に悩まされていたりします。

 

ダイエットのやり過ぎや食事の偏りなど糖質不足で低血糖になる事は勿論あります。それ以上に多いのが、糖質の取り過ぎによる低血糖です。

 

糖質を取り過ぎ一時的に高血糖になってしまった場合、インスリンが大量に分泌され、血糖値が一気に下がります。糖尿病の薬を取り過ぎたのと同じ状態になってしまうのです。これにより、現代の人は驚くほど多く低血糖による体調不良を抱えています。

 

低血糖の原因

●糖質不足

●インスリンなど糖尿病治療が効きすぎる。

●糖質の取り過ぎでインスリンの体内分泌が過剰に。

 

低血糖は糖尿病の治療によりなるケースだけではなく、食生活の変化によって糖質の取り過ぎとなった現代人の誰にでも起こりうる疾患なのです。

 

そもそもの糖質不足ならともかく、糖質過剰で低血糖などと言う原因は特定しづらく、実は多くの原因不明の体調不良は低血糖症であると言われています。

 

血糖値が高いのが問題の糖尿病患者が、低血糖に備えて甘いものを手放せなくなる矛盾にその難しさが表れています。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: RURIさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

タバコをやめられなければ糖尿病は治せない! その理由は?

タバコは「百害あって一利なし」と言いますが、 糖尿病治療にとってもタバコは...

高齢者の糖尿病…細心の注意が必要な投薬について

  小児糖尿病という言葉があるように、糖尿病は子どもから高齢者まで比較的広い年...


糖尿病患者は断食をしてもいい?してはダメ?断食に伴うリスクを知っておこう

   糖尿病患者の方は、ダイエットが課題になっている方も多いでしょう。ダイエッ...

早期の患者さんは特に大切!食後血糖値を下げるためには何ができる?

あなたの食後の血糖値は高いですか?基本的に食後というのは血糖値が高くなるもの...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る