カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 原因 >
  5. 飛行機に乗ると気圧の変化で頭痛がするのはなぜ?

頭痛

飛行機に乗ると気圧の変化で頭痛がするのはなぜ?

良く飛行機に乗ると頭痛がするという話を聞いたことがあります。新幹線がトンネルを通過するときや、高層ビルのエレベーターに乗って上層階から急に下へ下がってくるときも耳が詰まったような変な感じになることは経験したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

気圧の変化と頭痛の関係 

飛行機に乗って、離陸して上昇するときはさほど感じなかったのに、飛行機が高度を下げて着陸しようとする少し前ぐらいから、急にひどい頭痛がするというのは、あの新幹線やエレベータの中の感覚がより一層酷くなったものだと推測されます。

 

飛行機は上空に上がる際、飛行機内は気圧が下がるため、飛行機の中は微妙に与圧され、人体や飛行機自体に気圧の影響を受けにくくしています。

 

それでも、高度1万メートル以上の高さを飛行機は飛んでいるわけですから、高山にでもいるかのような機内の低い気圧で体内の血管が膨らみ、その結果頭や顔面などの毛細血管が多少なりとも収縮します。


そして収縮した状態で飛行機が下降すると、気圧が戻るに従って毛細血管が元に戻ろうとするため、毛細血管が神経を圧迫し、偏頭痛のような状態になるのではないかと考えられます。


気圧の変化で症状が悪化

気圧が下がることで血中の酸素濃度が低下し、一種の高山病のようになっている可能性があります。そうなると、人間の身体は血管を広げて血中の酸素濃度を上げようとがんばります。そこで、ますます頭痛が悪化するというわけです。

 

よく片頭痛を起こす方は、気圧の変化に弱いとされています。それは副鼻腔や耳管などの圧力を感知する場所が、もともと炎症を起こしやすいなど、何らかの原因があるために、急な気圧の変化にうまく対応できず、血管が膨張し、神経を圧迫するために頭痛を引き起こすからです。

 

飛行機頭痛とも呼ばれる、機内での頭痛は、もともと副鼻腔炎や鼻炎を起こしやすい方、また片頭痛を発症しやすい方が起こしやすいようです。

 

もしかしたらと思われる方、また日ごろから飛行機頭痛を起こしやすい方は、着陸30分前には鎮痛剤を服用しておく、また既に頭痛を起こしてしまった場合は、鼻~眼の周囲を温めるなどの方法が良いようです。

 

良く乗り物酔いする方が事前に薬を服薬するのと同様、事前の備えにこしたことはありません。 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

梅雨の頭痛の原因!低気圧と酸素不足が原因の場合のメカニズム

梅雨の頭痛の原因はストレスによるもの、プラスイオンによるもの、低気圧によるも...

天気や気圧の変化で頭痛がする?!天気と頭痛の関係

神経痛などを持っている人はよく、「雨や雪が降ると痛くなる」とか「痛みによって...


梅雨になると辛い… 天気と片頭痛2

片頭痛の患者さんで、頭痛が起きる原因に天気が関係していると話す方がいらっしゃ...

天気が悪いと頭が痛い…低気圧頭痛とは?

天気予報を見ていると高気圧が張り出している、低気圧が迫っているなどの言葉を聞...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る