カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 掌蹠膿疱症 >
  5. 靴擦れ、やけど、日焼け…水ぶくれの原因と「中の液体」の正体

気になる病気・症状

靴擦れ、やけど、日焼け…水ぶくれの原因と「中の液体」の正体

水泡(水ぶくれ)とは、皮膚表層に血漿やリンパ液などの組織液が貯留し隆起した(盛り上がった)状態です。被膜を通して内容が透けて見える場合が殆どです。表皮内水疱は被膜が薄く、弛緩性なため、すぐに表皮が破け内容物が外に出てしまうため、びらん(ただれ)になりやすいです。

 

膿疱とは 

反面、表皮化水疱は被膜が厚く、大型で緊満性(ぱんぱんに張りつめている)です。また表皮内に水溶性の内容物ではなく、膿状のものが貯留したものを膿疱といいます。

 

水疱や膿疱をきたす疾患には、次のようなものがあります。

1. 物理的皮膚障害

 1) 熱傷(やけど)

 2) 日光皮膚炎

2. 感染症

 1) 細菌感染によるもの

 2) 真菌によるもの

 3) ウイルス感染によるもの

3. 薬疹

 1) 固定薬疹

 2) スティーブンス・ジョンソン症候群

4. 接触性皮膚炎

5. 挫創(にきび)

6. 原因不明の水疱症、または膿疱症

 

自己免疫性水疱症と先天性水疱症

水疱症は後天性の自己免疫性水疱症と遺伝異常に伴う先天性水疱症に大きく分けられ、それぞれまれにしかみられない疾患です。自己免疫性水疱症は皮膚内水疱を来す天疱瘡群と皮膚下水疱を来す類天疱瘡群、後天性表皮水疱症などに分けられます。

 

水疱の表皮の内側に存在している液体の正体は、血漿やリンパ液などの組織液が貯留したものですが、熱傷や日光皮膚炎などの物理的皮膚障害とは別に、感染症による場合は、膵液の中にウイルスや原因菌が介在している可能性が高いので、安易に水疱を破り、液体に触れると、周囲に感染を広げる原因となりますので注意が必要です。

 

また、それ以外の場合でも、無理に水疱を破ることはお勧めしません。水疱ができた原因やその症状に応じた適切な処置を行うことが、皮膚の回復のためにはとても大切です。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●地味に痛い…靴擦れで水ぶくれが起きるのはナゼ?

(Photo by:足成 )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

掌蹠膿疱症に関する記事

掌蹠膿疱症とはどんな病気?

     掌蹠膿疱症という病気をご存じでしょうか? 掌蹠膿疱症とは手の...

妊娠中に強いかゆみを伴う水疱ができたら?

妊娠中は、胎児の排出する毒素を胎盤を通して母体が受け取り、処理していかなけれ...


掌蹠膿疱症の漢方治療

  とても厄介な皮膚病である掌蹠膿疱症をご存じでしょうか?掌蹠膿疱症とは手...

ビオチン欠乏から自己免疫疾患が発症?!『ビオチン療法』とは

ビオチンは、近年『掌蹠膿疱症』を治療できる物質として、実際にクリニックで処方薬...

カラダノートひろば

掌蹠膿疱症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る