カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 帯状疱疹 >
  5. 顔にできる水ぶくれはヘルペスウイルスが原因の場合も

気になる病気・症状

顔にできる水ぶくれはヘルペスウイルスが原因の場合も

       

唇の端(口角部分)や額や瞼に、小さな水疱が出来ることがあります。これはヘルペスウイルス(HSV-1、HSV-2)の感染症で、できる部位によって口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、角膜ヘルペス、帯状疱疹などと呼ばれます。

 

この水疱は、水疱が出来た部分にはじめ違和感を感じ、やがてピリピリとした痛みを伴うことが多く、紅斑、水疱が生じ、びらん、痂皮を形成していきます。口角ヘルペスは幼児から20~30代にも多く認められますが、顔面の神経の走行に沿って水疱が出来る帯状疱疹の場合は、比較的高齢者での発症が目立ちます。


帯状疱疹(herpes zoster:HZ)は、神経節に潜伏していたヘルペスウイルスの再活性化によって起こります。帯状疱疹は神経支配領域に一致して生じるため、片側性(どちらか片側)に見られるのが殆どです。以前はよく、帯状疱疹になる方は内臓に悪性腫瘍を生じていると言われていましたが、必ずしもそうとは限りません。


時に帯状疱疹は若年者にもみられることがありますが、その場合は膠原病やAIDS(エイズ)に罹患している場合もありますので、若年者の場合はきちんとした検査で鑑別する必要があります。


皮疹発現の数日~1週間前より、片側性に神経痛を認め、次第に紅斑、水疱が生じます。皮疹は徐々にびらん、痂皮を形成し約2~4週間で治癒します。急性期帯状疱疹痛で終わることが多いようですが、時に後遺症として帯状疱疹後神経痛が見られる場合があります。


治療は、重症度によって治療薬を使い分けます。頭部に帯状疱疹が生じた場合は、入院のうえ加療することが望ましいとされています。

 

重症の場合には、アシクロビルやビダラビンの点滴静注を行います。中等度ではアシクロビルや塩酸バラシクロビルの内服を行います。

 

ごく軽症の場合は、アクロシビルやビタラビンの外用薬のみで済むこともあります。時に高齢者では、後に帯状疱疹後神経痛を伴うことがあるため、早期の治療と経過観察が大切となります。


いつもとは違う鈍いチクチクとした痛みや発疹が出現した場合は、はやめに受診し、早めに治療を開始することで神経痛を伴わずに済みます。また水疱を無理に潰したりすることは、周囲に皮膚感染を広げることになりますので、絶対にしないでください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/02-360103.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

帯状疱疹に関する記事

初期の診断・治療が重要!ベル麻痺と異なる顔面麻痺「ラムゼイハント症候群」

  ラムゼイハント症候群と言う疾患があります。この疾患は帯状疱疹の一種ですが、耳...

しつこい蕁麻疹の原因はコレ! 身近な2つの因子について

繰り返し起こる蕁麻疹。その原因として最も多いとされるのが、普段口にしている薬...


ラムゼイハントを起こさないために!帯状疱疹の再発予防方法

  ラムゼイハント症候群という疾患は、顔面神経麻痺などのしばしば後遺症が残るよ...

帯状疱疹の再活性化を防ぐには免疫力を高めることがカギ!

  ラムゼイハント症候群と言う疾患は、帯状疱疹の一種であると言われることもあり...

カラダノートひろば

帯状疱疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る