カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 掌蹠膿疱症 >
  5. 妊娠中に強いかゆみを伴う水疱ができたら?

気になる病気・症状

妊娠中に強いかゆみを伴う水疱ができたら?

妊娠中は、胎児の排出する毒素を胎盤を通して母体が受け取り、処理していかなければならないため、妊婦はその体に二人分の負担を強いられます。

 

それまでアレルギーとは無関係だった人が、いきなりアレルギー症状に悩まされたり、妊娠中毒症に陥ったりするのは、こうした様々な負荷が母体に及ぼす影響だと言われていますが、それ以外にも妊娠中の体質の変化に伴い起きる、辛い皮膚症状が報告されています。

 

妊娠性疱疹とは

妊娠中や出産後の産褥期に生じる、とても痒みの強い表皮下水疱症を「妊娠性疱疹」といいます。この疾患は、妊娠終了とともに軽快、寛解しますが、妊娠終了後も継続したり、妊娠のたびに反復し、妊娠を繰り返すことにより重症化することがあります。

 

出生児は低体重が多いと言われます。最近では妊娠と関連して生じる水疱性類天疱瘡の一亜種とする考えが一般的なようです。

 

妊娠性疱疹の症状

妊娠中期から産褥期に、掻痒(痒み)の強い蕁麻疹(じんましん)様の紅斑(紅い湿疹)としてはじまり、小水疱、緊満性水疱、血疱(血性の水疱)を生じ、痛みを伴います。

 

妊娠性疱疹の原因

この病気の原因としては血中自己抗体が表皮規定膜部蛋白の一つであるBP180抗原に反応し、補体の活性化を生じて水疱形成に至ると考えられています。抗原蛋白は水疱性類天疱瘡と同一のものです。

 

妊娠性疱疹の治療

治療としては、軽傷例ではステロイド(副腎皮質ホルモン)薬の外用薬を使用します。重症例では抗ヒスタミン薬の内服、ステロイド薬の内服を行います。

 

妊娠中は安全性の確立されていない薬剤の使用には注意が必要です。またほとんどの例では出産後自然軽快します。出産後の産熟期に症状が継続する方も中にはいますが、ほんのまれです。妊娠中はかなり不快だとは思いますが、我慢が必要になります。

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/25-375606.php)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

掌蹠膿疱症に関する記事

掌蹠膿疱症とはどんな病気?

     掌蹠膿疱症という病気をご存じでしょうか? 掌蹠膿疱症とは手の...

掌蹠膿疱症や皮膚病などにマクロビは?

  掌蹠膿疱症という病気があります。手のひらや足の裏などに無菌の膿のような...


靴擦れ、やけど、日焼け…水ぶくれの原因と「中の液体」の正体

水泡(水ぶくれ)とは、皮膚表層に血漿やリンパ液などの組織液が貯留し隆起した(...

ビオチン欠乏から自己免疫疾患が発症?!『ビオチン療法』とは

ビオチンは、近年『掌蹠膿疱症』を治療できる物質として、実際にクリニックで処方薬...

カラダノートひろば

掌蹠膿疱症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る