カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 症状 >
  6. 生理前の腹痛と妊娠した場合の腹痛は見分けづらいのが特徴です!

女性のカラダの悩み

生理前の腹痛と妊娠した場合の腹痛は見分けづらいのが特徴です!

生理前に、下腹部の違和感と同時に鈍い痛みを感じる方がいます。

それは、生理前の黄体期に肥厚した子宮壁が剥がれ落ちる前に、子宮が元の大きさにもどるための準備をはじめるためだと言われています。

要するに、子宮を小さくしようとするためにおこる痛みが殆どです。


しかし、万が一妊娠していた場合は、その逆の働きが子宮内に発生します。子宮壁を厚くし、胎児に十分な栄養を供給できるような丈夫な胎盤を作るため、子宮を大きくしようとします。

 

生理前の腹痛よりも、妊娠初期の痛みのほうがやや軽いという方もいるようですが、どちらも同じ子宮で発生する痛みであるため、自分でどちらかを判断するのは難しいといえます。

 

その外に、生理前に腹痛を感じる疾患には、次のような物があります。
1.月経前症候群
2.子宮内膜症
3.子宮筋腫
4.骨盤内感染症

 

月経前症候群(PMS)は、排卵後から月経までの高温期にあたる黄体期に起こる精神的、身体的、社会的症状のことを言います。黄体期に優位であった黄体ホルモン(プロゲステロン)の値が急激に減少することにより体内のホルモンバランスが崩れるため、頭痛や全身倦怠感、吐き気や眩暈(めまい)、中には風邪の前駆症状のような状態を訴える方もいます。その症状は実に様々です。

 

月経前症候群を強く訴える方は、生理痛も酷いという報告が多くありますが、下腹部痛に加えて出血が酷い場合は、子宮内膜症子宮筋腫の場合がありますので、注意が必要です。早めに婦人科を受診して治療を行う必要性があります。

 

基礎体温を日頃からチェックしている方で、高温期が続いている状況での下腹部痛は、妊娠に伴う腹痛と思っていいようです。ただし、普段感じる鈍痛とは違う激痛だったり、キリキリと一か所を刺激されるような痛みの場合はそれとは別と思ってください。

 

激痛を伴う場合は子宮外妊娠だったり、急性腹症の可能性もあります。また高温期が1か月以上続いた状況での出血は、早期流産その他の疾患の可能性がありますので、自己判断せずにすぐに婦人科を受診しましょう。

 

その他の妊娠超初期の症状が気になる方はこちら

●【妊娠(超)初期体験談まとめ】もしかして妊娠したかも!と思った体の変化

 

(Photo by://www.photo-ac.com/ )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

精神症状が重いPMDD…あなたは当てはまる?PMDD症状リストでチェック!

月経前になにかの症状が出る女性は多いようです。その割合は約80%と言われていま...

PMSの症状とは?PMSによる食欲増進…我慢は少しだけでOK!

生理前になると、体や精神的な部分に変化を感じる女性も多いかと思います。 食...


PMSとPMDDの症状を比較!同じような症状でも、程度がこんなに違うんです!

「生理前にイライラする」と文字にすると、誰にでも起こるような症状に聞こえます。...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る