カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. かゆみ >
  5. 掻かずに冷やす?子どもが蚊に刺された時の痒みの対処法について

育児・子供の病気

掻かずに冷やす?子どもが蚊に刺された時の痒みの対処法について

 

夏につらい痒みといえば・・・そう!“蚊”に刺されることによる激しい痒みです。蚊に刺されるくらい、さほど気にしない・・・という大人は多いかもしれませんが、子どもにとっては我慢できません。

 

とても身近な痒みだからこそ、一番対処をしたいもの。“知っておくと得をする”蚊による痒み対策を紹介します。 

 

◆掻かずに冷やす

蚊にさされた場所を掻いてしまうと、痒みを感じる範囲が広がってしまいます。こんな場合には、冷やすことが最適。冷やすことで痒みがマヒし、痒みを感じにくくしてくれます。

 

◆ステロイド入りの軟膏

蚊に刺された個所が多く、また掻きすぎて傷が出来たり、飛び火をしてしまうなどの症状にまで発展してしまった場合には、悪化する前に皮膚科へ受診しステロイド入りの軟膏をもらいましょう。  

 

◆刺された個所を石鹸で洗う

石鹸であらうことで、蚊が刺したときに出す毒素を消し、痒みを緩和してくれる効果があります。洗ったあとには、空気に触れないよう絆創膏などを貼っておくと尚良いでしょう。

 

 

 

蚊にさされた痒みは、自然と消えていくので問題は無いかもしれません。しかし子どもにとってはついつい気になって掻き壊してしまう痒み。少しでも楽にしてあげるために、対処をしてあげましょう。

(PHOTO BY: //www.ashinari.com/2010/05/23-336995.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

小さな子どもに頻出の汗疹(あせも)!どうやって対処・予防する!?

ちょっと気を抜くと、赤ちゃんの身体にできている赤いぽつぽつ…赤ちゃんもどこか機...

子どもが我慢できないほどのかゆみ…痒みを誘発させる事を避けよう!痒みに効く●●な予防策

お子さんが感じる“痒み”には様々な症状がありますが、どんな症状に対しても、“痒...

かゆみの体験談

突然の身体の湿疹に病院へ急ぎました!

 産まれてから乳児湿疹もほとんど出来なくて、あまり肌関係で悩むことはありませんでした。しかし、秋ごろ...

切ない…!湿疹と虫刺されのこと

4月に娘がうまれ、きっと夏にはおむつかぶれやあせもがすごいんだろうなぁと思ったので、一応産前にベビー...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る