カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 腰痛 >
  6. PMSの腰痛とほかの腰痛を伴う病気

女性のカラダの悩み

PMSの腰痛とほかの腰痛を伴う病気

 

現代社会では腰痛に悩むという方も多いはずです。

立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢を保つことが多いと腰や肩に負担がかかることはよくあります。

女性の場合はそれに加えてPMSでの腰痛という可能性も否定はできません。

 

●PMSの腰痛ってどんな感じ?

PMS自体に個人差があるのではっきりとこのような特徴がある、と限定することは出来ません。

一般的に多くの人に見られるPMSの腰痛の特徴は痛みが全体に広がることです。痛いというよりも腰がとにかく重いと感じる方も多いようです。お腹から腰にかけてズーンと重みがのしかかっているような感じです。曲げたりひねったりすると痛みが和らいだりひどくなったりすることはまれで、どんな姿勢でもズーンと痛みます。

また、PMSの症状ですので月経が終了するころには症状が軽くなっています。

 

●PMS以外の腰痛を伴う病気

PMS以外にも腰痛を伴う病気はあります。代表格は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などです。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの腰の病気の場合には下肢の広い部分に影響が出るのが特徴です。

PMSの腰痛では足の付け根は痛くても足の端まで痛いということは滅多にないのですが椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症ではひざより下にしびれや痛みが出ることもあります。さらに、筋肉痛もPMS以外で腰痛を伴う代表的な病気の一つといえるでしょう。

事務作業の多い方、販売員など立ちっぱなしの方は普段から筋肉痛を引き起こしやすい状態になっていて、PMSの症状が出ることで抱えていた筋肉痛の症状がひどく出ることも予測されます。

いずれにしてもあまりにも腰が痛い場合、PMSの他の症状が出ていなかったり月経のリズムと関係なく腰が痛い場合は整形外科などを受診してください。

 

 

PMSの腰痛は一般的には広い範囲にある腰痛で、動かすことによって痛みの程度が変わる腰痛ではないと言われています。

もしも月経周期と全く関係のない腰痛や、足首やふくらはぎにまで痛みやしびれがある腰痛を感じたら整形外科に行くことをおすすめします。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/17-357807.php?category=390])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

PMSの腰痛の原因!?リラキシンって何だろう?

  生理前の症状は人によって違い、PMSとして分類できるものだけでも150...

PMDDの人はPMSの腰痛がひどく出る!

月経前に出る症状はさまざまで、少なく見積もっても150種類はあると言われていま...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る