カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 糖尿病と認知症の関係

生活習慣病

糖尿病と認知症の関係

a0027_002240.jpg

 

最近、低血糖に関わる問題がクローズアップされるに従い糖尿病と認知症の相互に大きな関わり合いがあることが判明してきました。
重症の認知機能の低下した認知症患者低血糖になりやすく糖尿病を引き起こすリスクが倍増していることが判明したのです。
また糖尿病の治療のためにインスリン注射などをすることにより、急激な血糖値の低下に、血糖値を増加させるホルモンの分泌などで、感情や認知機能に大きな影響を与えてしまうこともわかっています。
血糖値を下げるインスリンと、それによって連動する血糖値上昇ホルモンのせめぎ合いが脳にダメージを与え認知症のリスクを上げてしまうのです。

糖尿病認知症相互干渉

●認知症患者は低血糖リスクが増大
低血糖が頻発することで、低血糖症となり、糖尿病リスクも増加する。
●糖尿病治療による低血糖が認知機能にダメージを
糖尿病治療のためインスリンなどで強制的に血糖値を下げると、ホルモンバランスが崩れ、インスリンだけでなく血糖値上昇のためのホルモンも過剰に分泌されるようになる。
これらのホルモンは認知機能や感情などに大きな影響を与えてしまう

そもそも認知症患者となってしまっては、糖尿病予防のための自己管理など自分自身で出来なくなってしまいます
その認知症になってしまう要因が糖尿病にあるとすれば、それは非常に厳しい悪循環となってしまうでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/02/26-033923.php)


著者: RURIさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

1型糖尿病の原因が夏風邪のウイルス?ウイルス感染で47%が高血糖になる可能性

生活の乱れと関係なく発症するのが、1型の糖尿病です。1型糖尿病の原因は加齢や...

糖尿病にはどんな種類があるの?基礎知識を身につけよう!

現在、糖尿病やその予備軍は非常に多く、国民の5人に1人は糖尿病だといわれてい...


正しく知って欲しい糖尿病の「4つのタイプ」

  テレビや雑誌で多く取り上げられる事のある病気の一つに「糖尿病」が上げら...

子どもや若い人に発症する、1型糖尿病と腸内細菌との関係は?

子どもや若い人に発症する1型糖尿病…。 近年では、1型糖尿病と腸内細菌の関係が...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る