カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. アルコール依存症 >
  5. 酒をやめようとするアルコール依存症者の離脱症状まとめ

メンタル

酒をやめようとするアルコール依存症者の離脱症状まとめ

何度も何度も「お酒をやめるから」と宣言しては、元に戻ってしまうアルコール依存症者。それは意志が弱いでは片づけられない離脱症状が伴うためです。

 

▼断酒するとやってくる…離脱症状

大量にお酒を飲んでいた人がお酒をやめると、程度は様々ですが、ほとんどの人が離脱症状を経験します。

 

アルコールが体内に入ってくることが習慣化されると、身体はお酒が入ることでバランスをとるようになります。そうなった身体は、アルコールが入ってこないと、様々な異常症状にみまわれます。

 

・自律神経症状・・・吐き気、大量の汗、激しい動悸、不眠、下痢、食欲低下 など

・情緒不安定・・・イライラする、ピリピリする など

・脳機能障害・・・幻聴・幻覚・興奮・発熱・手や全身のふるえ・激しい錯乱 など

・けいれん発作・・・てんかん など

・異常妄想・・・追跡妄想、嫉妬妄想 など

 

アルコール依存症者は、離脱症状をおさえるために、職場であってもこっそり飲酒をしたり、しっかりと運転するために飲酒運転までして、悪循環に陥っていくのです。

 

▼強い離脱症状がおきたら

軽い動悸がする、眠れないなど、軽い離脱症状なら禁酒を続けることで、アルコールが体に入らない元のバランスをとり戻し、いつしか離脱症状が落ち着いていきますが、飲酒歴が長い人などは強い離脱症状が起こりやすいです。

 

てんかんが起きる方も大変多く、錯乱や妄想により事件をおこすこともあります。私の知っている方は灯油を家じゅうにばらまいて火事を起しました。病院へ入院していても、保護室に隔離する処置をとらなければならないこともあるほどです。

 

もしかして、私たちが目にする悲惨なニュースの中には、アルコール依存症が原因で起きているものもあるかもしれません。

 

上記の理由からも、アルコール依存症を自分や家族だけで治そうとすることは大変難しく、危険をはらんでいます。本人がやめると決意したなら、家庭内で禁酒に取り組むのではなく、専門病院に足を運び、医師と二人三脚で取り組みましょう。

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アルコール依存症に関する記事

アルコール依存症の危険な症状、ブラックアウト!

アルコール依存症でなくても、大量にお酒を飲みすぎて記憶をなくす経験がある人もい...

大量飲酒とアルコール依存症の違いは?

  「家族が大酒のみで、飲むと暴れる。」「いつみても飲んでいるようだ。」「...


飲酒運転者の原因は、アルコール依存症だった!

飲酒運転者による悲惨なひき逃げニュースがよく聞かれます。そういった事件に呼応し...

女性に多いキッチンドリンカー

キッチンドリンカーという言葉を聞いたことがありますか?キッチンでドリンクする人...

カラダノートひろば

アルコール依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る