カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 乳房のハリ >
  5. 生理前の乳房のハリ…生理前と妊娠初期症状の違いは何?

女性のカラダの悩み

生理前の乳房のハリ…生理前と妊娠初期症状の違いは何?

生理前に月経前緊張症のような頭痛や眠気、腹部不快感を感じる方もいれば、ほとんど何の症状もなく月経(生理)になる方もいます。月経前の症状は人それぞれではありますが、妊娠しているか否かを一番簡単に判断するのは、何といっても基礎体温を日々チェックすることです


低温期から排卵、高温期に突入し、高温期が2週間以上経過しても低温にならず、月経がこなければ、それは妊娠した可能性が高いということになります。高温期がそのまま1か月以上経過すれば、それはほぼ間違いないようです。しかし、あくまでも最終的には妊娠検査薬で陽性反応がでるまでは確定ではありません。


妊娠初期症状を下記に挙げますが、これは全ての人に当てはまるというわけではなく、感じ方には個人差があるようです。


妊娠初期症状として
1. 乳房の張り…排卵後より感じる
2. 下腹部の違和感(鈍い痛み)
3. 着床出血(粘液が混じった少量の出血)
4. 生理予定日前からの茶色い帯下(おりもの)
5. つわり症状(食べ物の臭いで悪阻を感じる)
6. 眠気
7. 全身倦怠感
8. 微熱

 

特に、それまで感じなかった臭いが急に嫌いになったり、皮膚が敏感になったり(特に乳輪の掻痒感や乳頭の知覚過敏)、それまでになかった違和感を感じるようですが、中には妊娠が確定してから「そういえば…」と思う方がほとんどのようです。ですから、月経前緊張症のような不快な症状を普段から感じている方は、意外と気にも留めないうちに妊娠していたりするようです。


着床出血などの出血や腹痛は、それ自体はあくまでも妊娠の徴候として起こるものですが、だからといって妊娠が継続するとは限りません。

 

もしかしたら…という思いがあり、妊娠の継続を希望する方は、できるだけ安静にするなどして、生理予定日より3~4週間ほどで妊娠検査も可能となりますので、早めに婦人科を受診することを勧めします。

 

(※着床出血という言葉は、正式な医学用語ではありません。)

 

その他の妊娠超初期の症状が気になる方はこちら

●【妊娠(超)初期体験談まとめ】もしかして妊娠したかも!と思った体の変化

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/02/03-033468.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房のハリに関する記事

乳房のハリとカフェインの関係性

  眠気を飛ばすために飲むことが多いのがカフェイン入りの飲料です。 ところが...

生理前のつらい乳房のハリ…自宅で出来るおすすめケア!

生理前の乳房のハリは、とても辛いものです。しかしこの乳房のハリは、女性が子供...


もしかして妊娠?生理前と妊娠初期、胸の張りに違いはあるの?

生理前の乳房の張りは、月経前緊張症の症状の一つです。 おそらくホルモンが関...

もしかして乳がん?気になる生理前の胸のしこり-病気と見分ける3つのチェックポイント

生理前に胸が張って痛む、胸のしこりが気になる。もしかして病気…?胸の張りやし...

カラダノートひろば

乳房のハリの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る