カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. チラーヂンを服用する際に飲みあわせを注意する薬剤!チラーヂンを使った危険なダイエットは死を招きます!効果と副作用について

気になる病気・症状

チラーヂンを服用する際に飲みあわせを注意する薬剤!チラーヂンを使った危険なダイエットは死を招きます!効果と副作用について

チラーヂンとは、甲状腺機能低下症、粘液水腫、クレチン病などに使用されるレボロキシンナトリウムという甲状腺ホルモンです。

 

この薬は本来甲状腺ホルモンの分泌が少ない方に使用しますが、その際に飲みあわせに注意しなければいけない薬がいくつかあります。

 

1.クマリン系抗凝血剤

クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、併用する場合には出血凝固時間(プロトロンビン時間等を測定しながら、クマリン系抗凝血剤の使用容量を調節するなど、慎重な投与が必要になります。

 

これは甲状腺ホルモンがビタミンK依存性凝血因子の異化を促進すると考えられているからです。

 

2.交感神経刺激剤

交感神経刺激剤には、アドレナリン、ノルアドレナリン、エフェドリン、メチルエフェドリン含有製剤があり、それぞれの薬と併用時に注意が必要となります。

 

チラーヂンは交感神経刺激剤の作用を増強し、冠動脈疾患のある患者に併用すると冠不全(心筋梗塞など)のリスクが増大するおそれがあります。併用する際には慎重に投与することが必要です。

 

 

3.強心配糖体製剤

強心配糖体製剤には、ジゴキシンやジギトキシンなどがあります。ジゴキシンは心臓の筋肉に直接作用して、その収縮力を増大させ、また心臓の拍動速度やリズムを調節することにより、弱った心臓のはたらきを回復させる薬で、心筋梗塞や狭心症、高血圧に有効な薬です。

 

甲状腺機能亢進状態では血中ジゴキシン濃度が低下し、甲状腺機能低下状態では上昇するとの報告があるため、甲状腺機能亢進症では通常より多量の、甲状腺機能低下状態では通常より少量の、強心配糖体製剤の投与を必要とする場合があります。

 

併用する場合には、強心配糖体製剤の血中濃度をモニターするなど慎重にすることが必要です。これは強心配糖体製剤の吸収率、分布容積、肝代謝、腎排泄機能速度の増減が関与していると考えられています。

 

その他にも、血糖降下剤やコレスチラミン、アルミニウム含有制酸剤など様々な薬剤との併用時に血中濃度を遅延、または減少させることが知られていますので、チラーヂンを他の薬と併用する際には注意が必要となります。

 

 

気をつけて!チラーヂンを使った危険なダイエットは死を招きます!

甲状腺ホルモンとは、甲状腺から分泌されるホルモンのことで、エネルギー代謝を調節する、人体において重要なホルモンです。

 

甲状腺ホルモンは体内のたんぱく質の合成やエネルギーの代謝、酵素消費などを高める作用があり、多すぎても少なすぎても人体に多大な影響を与えます。バセドウ病などに代表される甲状腺機能亢進症は、中でも様々な症状を引き起こします。

 

甲状腺機能亢進症の症状

1.動悸

2.息切れ

3.体温の上昇と暑がり

4.体重減少

5.倦怠感

6.月経異常

 

反対に、甲状腺ホルモンが減少すると、むくみや便秘、食欲不振、寒がり、うつ症状などが出現します。そこで甲状腺ホルモンを補充する意味で、チラーヂンというレボチロキシンナトリウム含有の薬剤を服用する必要がでてきます。

 

甲状腺機能が亢進するとエネルギー消費が活発になるため、体重減少が起こるのは想像にたやすいと思いますが、じつはこの原理を安易にダイエットに利用しようとする人がいて、ダイエットに効くサプリメントと称して、その中に甲状腺ホルモンを使用した薬剤(チラーヂン)を入れ、販売した業者がいます。これは本来あってはならないことで、実に危険な行為です。

 

実際、甲状腺機能に何ら問題の無い健常者がチラーヂンのような甲状腺ホルモンを服用すれば、甲状腺機能亢進症と同様の症状が現れ、動悸や息切れ、全身倦怠感などがでてきます。それだけでなく、その症状を単なるダイエットのせいだと思い込んでいると、心臓に多大な負担がかかり、頻脈と不整脈が現れて、酷い場合は心臓が停止し死に至ります。

 

実際、チラーヂンと同じ作用の薬剤をダイエット薬として服用した場合、死亡事例が多く報告されており、それがどれも国外からインターネットで購入したダイエットサプリメントを服用したからというのですから驚きです。

 

昨今、インターネットでの薬剤の購入が大幅に許可されるとという現象が起きていますが、誤った知識で安易に薬剤を服用すると、大変な結果になるということを知っておくべきです。

 

健常者がチラーヂンを服用すれば確かに体重減少には繋がるでしょう。しかし、これは決して行ってはならない行為だということを覚えておきましょう。 

 

 

チラーヂンと腹痛は関係ある?その副作用について

チラーヂンとは、甲状腺機能低下症、粘液水腫、クレチン病などに使用されるレボロキシンナトリウムという甲状腺ホルモンです。この薬は本来甲状腺ホルモンの分泌が少ない方に使用します。

 

薬とは何の薬でもそうですが、用法と容量を守り、服用前後の症状や検査データをチェックしていれば、深刻な副作用は出にくいものです。薬剤の服用上の注意点をまとめた添付文書には、様々な副作用が明記されていますが、これは注意喚起を促す目的が強いと思われます。(副作用が正規の薬効よりも大きいとなれば、国内での採用は認められません。)

 

説明書(添付文書)に副作用が明記されているからといって必ず出るとは限りませんので、あまり神経質になることはお勧めしません。しかし、記載されている以上、こういう副作用が起きることもあると、気にとめておくことは必要です。

 

主なチラーヂンの副作用

1.過敏症状

 

2.肝機能異常(AST・ALT上昇、γ―GTP上昇)

 

3.心悸亢進、脈拍増加、不整脈

 

4.頭痛・眩暈・不眠・不安感・興奮・躁鬱等の精神症状

 

5.嘔吐・下痢・食欲不振などの消化器症状

 

6.筋肉痛・月経異常・体重減少・発汗・発熱・皮膚の紅潮

 

その他重大な副作用として

1.狭心症

 

2.肝機能障害・黄疸

 

3.副腎クルーゼ

 

4.晩期循環不全

 

副腎クルーゼとは全身倦怠感や脱力感などの症状で始まり、精神症状や消化器症状など様々な症状が現れます。微熱から38度を超える高熱も見られ、急激な脱水症状血圧低下、呼吸困難、意識障害、ショックに陥ることもあります。激しい腹痛と発熱により、急性腹症と誤診されやすいので注意が必要です。発見と治療が遅れると死に至る恐ろしい病です。

 

ただ、チラーヂンの副作用としての報告件数はそれほど多くはありませんので、むやみに心配する必要はありません。

 

チラーヂンはあくまでも用法と容量を守り、医師の指示に従い、定期的な検査のもと服用しなければいけない薬だということを覚えておいてください。

 

 

甲状腺機能低下症治療薬・チラーヂンの効果と副作用

甲状腺機能低下症は腫れものや甲状腺そのものに異常が起きる病気ではありません。甲状腺ホルモンの病気ですので手術でどこかの部位を切開するなどの治療法は選択しません。

甲状腺機能低下症の治療として一般的なのが甲状腺ホルモンの補充です。足りない甲状腺ホルモンを薬剤にしたのが甲状腺ホルモン剤です。

 

チラーヂンとは?

甲状腺機能低下症になった場合に最初に出会う薬とも言われているのがチラーヂンです。チラーヂンという表記の仕方もあり、甲状腺機能低下症の他に甲状腺腫の治療にも使われます。

チラーヂンは甲状腺ホルモン剤の一種で甲状腺ホルモンを錠剤にした薬です。

足りない甲状腺ホルモンを足して甲状腺機能低下症を治療します。

 

チラーヂンは心臓への負担が多少なりともあるので25μgくらいからスタートして、徐々に増やすことが多いです。

1日1回、チラーヂン50μg錠を2-8錠までの服用が甲状腺機能低下症の治療には必要です。

 

チラーヂンの副作用は?

チラーヂンの副作用には発疹、かゆみなどがあります。また、チラーヂンを飲み始めた段階では食欲が起きなかったり吐き気がすることもあります。

その他に重篤な副作用として狭心症、急性副腎不全、呼吸困難などがあります。

重篤な副作用でもかゆみなどの副作用でも異常があって不快だという場合は医師に相談してください。

 

チラーヂンは甲状腺機能低下症の治療に使われる薬で、甲状腺機能低下症の患者には足りていない甲状腺ホルモンを薬にしたものです。

チラーヂンの副作用にはかゆみなどの軽度なものから急性副腎不全など重篤なものまでさまざまな副作用があります。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内分泌に関する記事

甲状腺機能低下症「橋本病」の原因とは?食事で気を付けるポイント・治療で注意したいこと

自己抗体の攻撃により甲状腺ホルモンが不足する橋本病。治療方法はホルモン薬の服...

子供がかかりやすい甲状腺の病気、その原因とは? 気づきにくい甲状腺の病気は専門医へ !

甲状腺ホルモンは、子供の成長には欠かせないホルモンです。これが不足する機能低...


妊娠しにくいのは甲状腺が原因?!不妊症との関係について。どんな治療を行うの?

自己抗体によって甲状腺の組織が破壊されていく「甲状腺機能低下症」。代謝やたん...

甲状腺機能低下症の初期症状をチェックしてみよう!「シーハン症候群」「クレチン症」の症状とは?

喉仏のすぐ下にあり、外からは目に見えないものの体の中で重要な働きをしているの...

カラダノートひろば

内分泌の関連カテゴリ

内分泌の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る