カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. アルコール依存症 >
  5. 大量飲酒とアルコール依存症の違いは?

メンタル

大量飲酒とアルコール依存症の違いは?

 

「家族が大酒のみで、飲むと暴れる。」「いつみても飲んでいるようだ。」「会社帰りに必ず酒場によって記憶をなくし、深夜に迎えに行く羽目になる。」「飲酒運転を繰り返しているようだ・・・」「私は毎日飲まないと気がすまないけれど、アルコール依存症かも?」など、飲酒にまつわる不安がある方のために、大量飲酒とアルコール依存症の違いをまとめました。

 

 

厚生労働省では、『多量飲酒者』の定義が決まっています。「一日平均飲酒量が6ドリンク以上(1日当たり純アルコールを60g以上摂取する)方」です。

 

とはいえ、『多量飲酒者』の定義にあてはまるからといって、アルコール依存症ではありません。身体の分解できる量に個人差がありますので、アルコール依存症は飲む量だけでは決まらないのです。

 

 

▼アルコール依存症だと疑わしい人

 

・アルコールをTPOに合わせてコントロールできずに、連続で飲酒し続ける。

・アルコールがきれてくると、手が震える。

 

この上記二点があれば、アルコール依存症だと疑っていいでしょう。

アルコール依存症者は自分の病気を認めない病気です。以下のように言い訳をするかもしれませんし、家族もそう思うことでまだ大丈夫と思うかもしれませんが、以下の理由があってもアルコール依存症です。

 

主な言い訳

・連続しているが、1回あたりのお酒の量が少量である。

・仕事をきちんとしている。

・他人に迷惑はかけない。

・健康である(と思ってる)

 

アルコール依存症の方は心当たりがあるからこそ、自分が病気であると認めることが不安で、まったく話をきかないというように、拒否の意思を示しやすいです。しかし、本当のところは不安で不安でたまらなくて、この状況から抜け出したいと思っている方も多いものです。

 

▼多量飲酒からアルコール依存症への初期症状

 

初期症状の段階で、アルコールをやめる(一滴でも飲めば多量飲酒してしまうものなので)ことができれば、本格的なアルコール依存症になって、脳に異変をきたし一生依存の恐怖に苦しまなければならいという事態を避けられる可能性があります。

 

◎初期症状

歯磨き時の吐き気、胸やけを飲酒で治す、頻繁にこむら返りする、身体のしびれ、耳鳴り、湿疹ができたり体がかゆい、飲酒しないと眠れない、鼻のまわりが赤くなる、手のひらが赤くなる、目がかすむ、異常に汗をかく 等

 

 

 

家族に疑わしい人がいたら、まずは地域の精神保健福祉センターへ相談してください。本人を治療に向かわせるための相談にのってもらいましょう。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-%E9%85%92-%E9%86%B8%E9%80%A0-%E6%B0%97%E6%B3%A1-%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF-2101/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アルコール依存症に関する記事

抗てんかん薬の「ガバペン」は、アルコール依存症の治療薬となりえる?

アルコール依存症の治療薬は、従来「抗酒薬」と呼ばれる悪心などの不快症状を...

アダルトチルドレンの原因はアルコール依存症家族!?

  アダルトチルドレンという言葉を聞いたことある人は多いと思います。言葉の...


アルコール依存症と肝臓の病気

  アルコール依存症は、一種の薬物依存で精神疾患ともいわれています。 し...

アルコールも危険!薬物の急性と慢性中毒とは

  依存性薬物の摂取により、様々な症状が出ますが、その症状は大きくわけて2...

カラダノートひろば

アルコール依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る