カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 掻くと痒みを感じる範囲が広くなる?蚊によるかゆみ症状について

育児

掻くと痒みを感じる範囲が広くなる?蚊によるかゆみ症状について

子どもはよく蚊にさされてしまいます。蚊にさされてしまうと、大人でもつい無意識に掻いてしまいますが、子どもは傷になるほど掻き壊してしまうことも・・・。蚊に刺されると、どんな症状がおこるのでしょうか。 

 

◆刺されてすぐに痒み発生!

蚊が血を吸う際に出す唾液の成分によってかゆくなってしまいます。これは刺されてすぐに出される液で、皮膚の中で反応し激しい痒みが起こします。 

    

◆掻くことで範囲拡大!

刺された場所を掻いてしまうと、毒素が広がり痒みを感じる範囲が広くなってしまいます。一番は掻かずに冷やす事! 

 

◆重症化する場合も?

こどもは、つい掻きすぎてしまいます。掻きすぎると傷ができてしまって細菌感染したり、出血や膿などの症状を起こす場合もあります。飛び火にならないように注意しましょう。  

 

 

蚊にさされた痒みは我慢ができません。時間の経過とともに楽になるのですが、掻いてしまうことで重症化したり、範囲を広げてしまうと余計に辛い症状が出てしまいます。お子さんに、“掻くことでこんな辛い症状が出てしまうよ”と、しっかり理解させてあげましょう。  

(photo by: http://www.ashinari.com/2011/07/14-348415.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

やけどにアロエはやってはいけない!?正しい対処法は別にある。

    やけどにアロエという対処法は多くの人が聞いたことがあると思います。し...

子供は危機管理能力が乏しい!親が行うべきやけどの回避法とは

  危険なものとそうでないものの区別がいまいちついていない小さい子どもはもちろ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る