カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 下痢・便秘 >
  6. PMSの下痢の原因と便秘の原因は違う!

女性のカラダの悩み

PMSの下痢の原因と便秘の原因は違う!

 

PMSの症状には胃腸に出る症状も多いです。代表的なものが胃腸の重み、胃腸の不快感です。胃腸がズーンと重いような感じがするという方はPMSの他の症状を持っている方にはよく見られる症状です。

胃腸関係のPMSの症状で言えば下痢と便秘もあります。実はPMSの症状のうち下痢と便秘は起きる機序にちょっとした違いがあります。

 

下痢と関係するプロスタグランジンの働き

月経痛、PMSといえばこの成分を思いつくという方も多いのがプロスタグランジンという痛みの成分です。子宮をキュッと締めるために下腹部の不快感を作り出す元にもなっている成分です。そんなプロスタグランジンは平滑筋を収縮させるという働きも持っています。子宮の筋肉も平滑筋ですがその他には腸管も平滑筋となっています。

 

腸管の筋肉をキュッと締めて腸の運動を良くするので普段から便秘ではない人は下痢になってしまうということなのです。

 

便秘と関係する黄体ホルモン

PMSの期間である排卵直後から月経前には黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンによって乳房のハリなども引き起こされているのですが、黄体ホルモンの働きの一つは水分を貯めこむことです。

体の水分をためるなら腸内にも水分がたまりそう、と思うかもしれませんが黄体ホルモンは腸内から水分をもらって体に回しているのです。食物が入ってきたら普段より水分をたくさんもらうので、残りかすには水分が少なくなる、つまり普段よりも硬い便になってしまいます。

そのため、PMSによって便秘が引き起こされるというわけです。

 

●どちらが強く出るかはわからない

一般的には黄体ホルモンは排卵後から月経直前まで、プロスタグランジンは月経痛とも関係しているので月経直前から月経前半まで出ると言われています。

そのため、PMSでは便秘が出るがいざ月経がはじまると下痢に転化するという方もいます。ただ、これも個人差があるので一概には言えません。

 

PMSの下痢とかかわっているのは月経直前に出るプロスタグランジン、PMSの便秘とかかわっているのは排卵後から月経前までに出る黄体ホルモンと言われています。

ただ、どちらの影響が強いのかは人によって違いがありますし、普段の食生活や運動習慣での違いも出ます。

 

ホルモンのバランスを整え、PMSの症状を軽くしていけるようにしましょう!

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/06/21-022779.php)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下痢・便秘に関する記事

PMDDの人はPMSの下痢・便秘に要注意

PMSと並んで月経前の悩みの一つと言われているのがPMDDの症状です。PMDDは...

下痢・便秘がPMSか病気かどうかの判断

  PMSでは下痢、便秘、胃の気持ち悪さなどの症状が出ることがあります。P...

カラダノートひろば

下痢・便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る