カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. >
  6. 汗と皮膚の角質層が栄養源?靴の中で繁殖する細菌

女性のカラダの悩み

汗と皮膚の角質層が栄養源?靴の中で繁殖する細菌

 

気になる足の臭い。男性も女性も、靴を脱ぐシーンでは気になります。また、脱いだ靴を他の人と並べるのも気がかりなところです。この足のにおいの原因は、「」なのです。

 

身体のコントロールに重要な足の裏の汗

 

足の裏には、エクリン腺とよばれる汗腺がたくさんあります。このエクリン腺は、全身にあるのですが、足の裏にもたくさんあり、身体の温度調節などの働きを担っています。足の裏に汗をかくことは実感してわかると思いますが、運動などで活発な活動をすると、エクリン腺からたくさんの汗が出ます。これが汗の役割で、汗をかけないと身体から熱が逃げなくなり、体調が崩れてしまうのです。

 

エクリン腺からの汗は臭くない

 

エクリン腺は、ワキの下のアポクリン腺と異なり、臭いそのものはさほど出しませんアポクリン腺は、ワキガの原因にもなるように、人によって異なる臭いの原因となる脂肪などを含みますが、エクリン腺から出る汗は比較的さらっとしており、主に水分とミネラル、タンパク質からなります。

 

靴を履いているからこその足の臭い

 

現代人は、ほとんどの活動時間に靴を履きます。汗はその中で乾くことが少なく、靴下を湿らし、靴の中にムレとして留まります。汗は単なる水ではなく、細菌の栄養となるタンパク質などを含み、さらに細菌が増殖しやすい「湿度」と「温度」の環境を整えるかたちになるのです。この汗と皮膚の角質層を栄養源として、靴の中で細菌類はどんどん増殖してしまいます。

 

臭いの原因の一つはイソ吉草酸

 

汗の成分や角質層を栄養源として分解していく細菌は、その結果としてさまざまな物質を作ります。とても臭いことで知られるイソ吉草酸は、いわゆる納豆菌の仲間である枯草菌などが出す臭い成分で、納豆でもわかるように非常に強い臭いです。こうした細菌による副産物の臭いが、靴の中でどんどん作り出されて、臭くなるのです。

 

靴は続けて履かない

 

靴を履くことは、こうした細菌の活動といつもつながっています。夏のサンダルは、風通しはよくてもたくさんの汗をじかにサンダル上に塗り付けていることになりますし、ブーツや長靴などは、湿度が逃げない構造の靴です。細菌の繁殖を抑えるためにも、靴は続けて履かず、乾燥の時間を設けましょう

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/11/20-353065.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

足の臭いは水虫菌(真菌)や細菌が原因?

  赤ちゃんの柔らかな足は、臭いもなくすべすべです。大人になるとなぜ、足が...

足が臭う人は足の汗かきタイプ!清潔に保つことが大切☆足のケア

足のにおいが気になる、どのようなケアをしたらいいの?という方は男性に限らず女性...


ブーツを脱いだ途端にプーンと香る不快な足の臭い…冬の足の臭いを改善する方法

冬になると、お座敷などに上がった時に、足の臭いが気になる方も多いかもしれません...

1日にコップ一杯分の汗!?足の臭いは靴で予防しましょう!

  素敵な女性でも、ブーツやサンダルを脱いだら足の臭いが・・・では、台無しです...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る