カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 腎症 >
  6. 糖尿病性腎症で人工透析へ

生活習慣病

糖尿病性腎症で人工透析へ

a0006_000859.jpg

 

糖尿病による合併症で最も難しい合併症が腎症でしょう。
腎症によって腎不全となり、人工透析が欠かせない身体へとなってしまうのです。
腎臓は体内で発生する老廃物を排出する非常に重要な機能を司る内臓器官です。
これによって、人の血液は常にきれいな状態を維持しています。
その腎機能が異常をきたし、腎不全となってしまえば老廃物は体外に排出されることがなくなり、その人の血液どんどん汚れていってしまうのです。
腎臓の代わりに人工透析で血液をきれいにするしかなくなります
これは非常に生活にリスクの高い治療となるでしょう。

○腎症を予防する要点

●低血糖でも腎臓には悪影響
腎臓は血糖値が高すぎても低すぎても異常を起こしてしまいます。
腎症を予防するためには常に安定した血糖コントロールが必要となるでしょう。
●高血圧も有害
血圧が高くても腎臓には良くないので血圧コントロールも必要となります。
●薬を使わない治療を
糖尿病治療のインスリンは腎臓に負担をかけませんが、それ以外の薬は腎臓の濾過機能に負担をかけてしまうものが大半です。
できる限り薬を使わない治療を心がけましょう。

人工透析を必要としない身体を維持するために、糖尿病患者は慎重に腎臓を守りながら糖尿病治療を続けていく必要があります。
糖尿病も人工透析も、一生ものの負担となる事は間違いありません
二つの負担を両取りすることにならないように、丁寧な治療を続けましょう。
ただし、インスリン治療などがその危険性を高める可能性があるので、インスリン治療の前に眼科で検査をすることが推奨されています

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/23-010458.php)


著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎症に関する記事

お医者さん任せではダメ!糖尿病になったら自分で考えなければいけない「腎臓の健康」

   糖尿病を発症すると、体の各部分が影響を受けます。そのため糖尿病を発症した...

糖尿病患者の3人に1人が糖尿病性腎症を発症!透析を受ける患者は10万人

  腎臓病は国民病になりつつあると言われています。というのも、糖尿病という...


あなたは腎臓の検査をしたことありますか?糖尿病なら誰でもするべきな腎臓検査

   糖尿病が原因で最終的に人工透析を受けている人は少なくありません。実際透析...

危険!糖尿病と腎臓病は合併して起きるって本当?

  糖尿病は日本の国民病の一つです。 初期の糖尿病患者、糖尿病傾向者も含...

カラダノートひろば

腎症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る