カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 除去食 >
  6. アレルゲンとしての卵、特徴と除去の仕方

アレルギー

アレルゲンとしての卵、特徴と除去の仕方

 

 

 乳幼児の食物アレルギーの70%以上は卵が原因だと言われています。

ただ卵と言ってもどの様な調理法で食べるかによってアレルゲンとしての強さには差があります。

一番強いものから順に紹介していきます。

 

1、生卵

アレルゲンとしての抗原性が一番強いのが生卵、及び生卵を使用した食品です。

特に気をつけたいのがマヨネーズアイスクリームです。卵白よりも抗原性の弱い卵黄だけを使って作りますが、卵黄だけを取っても周りには白身がたくさん残っています。

洋菓子のムースにもメレンゲとして使われている事があるので確認が必要です。

 

2、半熟卵

ふわふわのオムレツや半熟の親子丼が当てはまります。

お好み焼きやホットケーキは中まで火が通ってなくて中心部の卵が半熟の時があるので注意が必要です。

卵焼きは平気だったのにお好み焼きでアレルギーが出たと言う人は中心部までしっかりと火が通ってなかったからです。

 

3、加熱した卵

卵焼きや卵スープ、出し巻きなどが当てはまります。

 

4、卵の入った料理やお菓子

揚げ物の衣、ケーキ、クッキーなどです。

 

5、つなぎとして卵が使われている食品

かまぼこやちくわなどの練り製品にはつなぎとして卵白が使われています。

シュウマイやラーメンの麺などの中華料理にもよく使われています。 

 

6、鶏肉

重症の卵アレルギーの方は鶏肉でもアレルギーが出ます。

チキンコンソメや鶏ガラスープにも注意が必要です。

 

まとめ

卵を除去する時には調理形態によって抗原性の強さが変わるので、症状の強さに応じた調理法が必要だと言う事を知っておきましょう。

逆にアレルギー食を解除する時は、抗原性の弱い鶏肉から徐々に抗原性の強い食べ物にして慣らしていきます。 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/07/07-379860.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

卵アレルギーの方のための卵除去食 どのような特徴がある?

     食物アレルギーのある方は、原則としてそのアレルゲンとなるものを摂取し...

食品除去解除のための食物負荷試験を実施する際の注意

        食物アレルギーの原因食物は様々ですが、乳幼児では卵・牛乳・小麦...


小さいお子さんがいる場合は注意! 卵除去食の注意点

     卵アレルギーは、消化機能が未発達な子供に多いと言われ、大人になると徐...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る