カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 発熱はどっちで治す?薬と自然治癒

育児・子供の病気

発熱はどっちで治す?薬と自然治癒

 

 

人間は誰しも、自然治癒力という力をもっています。は確かに効果的ですが、軽い風邪やちょっとした症状にもすぐ薬!と対応してしまうと、自然治癒力が弱いお子さんになってしまう場合があります。 

 

お子さんの症状で、つい判断に悩んでしまう“発熱”の症状。この場合には解熱剤が必要なのでしょうか?解熱剤の使用に関して調べてみました。

 

 

◆発熱時にはスグ解熱剤?

発熱しているときは苦しそうにぐったりしてしまいがち。でも解熱剤を使う前に、まずお子さんの様子をしっかり観察してください。基本はお子さんが食欲もあり水分・睡眠がとれているようであれば、解熱剤は使用しないほうが良いでしょう。

 

◆解熱剤を控える理由とは?

発熱というものは体が菌と戦っている最中におこる症状です。菌と戦っているところを解熱剤で熱を下げてしまうと、菌やウィルスが隠れてしまい、なかなか治らなくなってしまいます。

 

◆解熱剤は熱性痙攣のリスクも・・・

解熱剤によって熱をさげた後、解熱の効果が切れたときに、熱は一気に上昇します。この際に起こってしまいがちな症状が“熱性痙攣”です。解熱剤は使用に注意が必要です。

 

◆薬を使って治すなら・・・

解熱剤を使う場合には、お子さんがぐったりとしていて睡眠や水分が十分にとれない状態の場合などに使用しましょう。薬によって症状を緩和させ、しっかり体を休めさせるのも大切です。

 

また、解熱剤などは市販で販売されているようなものではなく、医師に相談しお子さんの症状や体重に合った薬を処方してもらいましょう。 

 

 

お子さんの症状を親が判断し、薬を使うか、様子をみて自然治癒力に頼るかは難しいところです。お子さんの様子をしっかりみて、最適な方法を選んであげましょう 

 

(photo by: //www.ashinari.com/2012/08/08-366740.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

子供の風邪症状、熱、嘔吐、咳…こんな症状のとき、どうしたらいいの?

子供は年中、風邪をひいてしまいます。その症状はさまざまで、症状によって対処も...

恐るべし!風邪予防に蜂蜜パワー!

  【蜂蜜】は風邪予防にとても効果がある食べ物だということを、知っています...

風邪の体験談

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る