カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 途中でやめたり、服用を忘れた!処方された薬の誤った服用方法

育児・子供の病気

途中でやめたり、服用を忘れた!処方された薬の誤った服用方法

 

病院へ受診すると、その症状にあわせた薬が処方されます。この薬ですが、中には全部飲みきることなく途中でやめたり、服用を忘れて、飲まないタイミングがあったりと、薬本来の効果が得られないことがあります。処方された薬の“誤った”服用方法で、どんなことが起こるのかまとめてみました。

 

◆リバウンド現象

服用を途中でやめてしまったり、症状が良くなったからと自己判断で中断してしまうことで起こる「リバウンド現象」これは、せっかく改善されてきた症状がぶり返してしまうことを意味しています。

 

◆効果が得られない

どんな薬でも、継続しなければ、薬の効果は得られません。処方された薬は継続して飲むことと、用法用量をしっかり守ることが大切です。

 

◆錠剤は噛んで飲むと、速く効く?

錠剤を噛むと、速い効果が期待できるといった情報を耳にすることがありますが、これはきな間違いです。薬の形には意味があり、胃で溶けるもの・腸に効くもの、など服用からの時間計算をされて作られている薬もあります。

 

 

薬を継続して飲んでも効果が得られない場合には薬が、症状や体質に合っていないかもしれません。再度診察を受けるなどして、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376730.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

パパ・ママとリラックスタイム♪子供の冷え撃退にはお風呂が効く

    寒い季節、体が冷えてしまって辛いですよね。それはママやパパだけでなく...

恐るべし!風邪予防に蜂蜜パワー!

  【蜂蜜】は風邪予防にとても効果がある食べ物だということを、知っています...

風邪の体験談

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

風邪をひきにくい生活(1歳8か月編)

お兄ちゃんが1,2歳代の時、それはそれは毎月のように風邪をひいては小児科へ通っておりました。 ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る