カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳 >
  5. 除去食 >
  6. 牛乳の加工の仕方によって違う!?牛乳を除去する時のポイントは?

アレルギー

牛乳の加工の仕方によって違う!?牛乳を除去する時のポイントは?

 

 

牛乳で食物アレルギーを起こす主なタンパク質成分は、カゼイン、αラクトアルブミン、βラクトグロブリンです。

 

牛乳は様々な形に加工されて使われることが多く、加工の仕方によってアレルゲンの含まれる量や性質が変わってきます。 

 

乳清か?カゼインか?

牛乳アレルギーでもどちらのタンパク質に反応するのかを知っておけば対処がしやすくなります。

牛乳からチーズを作る時にチーズとなるのがカゼイン、絞った液体部分が乳清(αラクトアルブミン、βラクトグロブリン)です。

乳清は胃で分解されやすいので、乳清のみアレルギーの人はクッキーやビスケットでは症状が出ない事がよくあります。

 

除去の仕方

牛乳アレルギーはアレルギーを起こすIgE抗体の強さと症状の強さが必ずしも一致しません。

アナフィラキシーアレルギーを起こすタイプでは全ての乳製品を除去しなければいけません。

皮膚アレルギーを起こすタイプでは全ての乳製品を除去した後に、抗原性の弱いものから少しずつ食べるようにします。

 

 

解除の仕方

アナフィラキシータイプでは沸騰させた牛乳を皮膚に貼り付けて、腫れの状態を見てどのように解除するのかの対策を立てます。

解除の基本は、抗原性の弱いものを少量から始めて、徐々に抗原性の強いものを大量に与えていくようにします。

 

 

抗原の強さ

1、生の牛乳

生乳、練乳、生クリーム、ミルクティーなどです。

 

2、発酵食品

ヨーグルト、チーズ、バター、カルピス、ヤクルトなどです。

 

3、加熱した牛乳を使った料理

シチュー、グラタン、ドリアなどです。

 

4、牛乳を使った菓子

クッキーやビスケットなどです。 

 

 

まとめ

牛乳アレルギーは検査の値が低くてもアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難に陥る事も多々あります。

解除の難しい食品の一つなので、自分勝手な判断はせずに専門医と相談しながら解除を進めていきましょう。 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/10/23-372029.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品

  加工食品には、牛乳を原材料にした乳製品がたくさんあります。 牛乳・乳...

牛乳・乳アレルギーでもOK?これって乳成分?紛らわしい成分

牛乳・乳アレルギーに注意して買い物をする際には、原材料表示をすみずみまでチェ...


牛乳・乳アレルギーは豆乳・大豆製品で代用

  牛乳・乳アレルギーの代替食で便利なのが、大豆・豆乳です。かなりの乳製品...

牛乳・乳アレルギーでもカルシウムを補給できる食品

  牛乳・乳アレルギーの除去食を行う際、カルシウムをどうやって補給するかと...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る