カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ジェネリック >
  4. なぜ安いの?安全性は?「ジェネリック医薬品」について

健康診断・健康管理

なぜ安いの?安全性は?「ジェネリック医薬品」について

今では一般的によく聞くジェネリック医薬品。でも実際には「よく解らないけど勧められたから」「成分が同じで安いって聞くから」という理由で、ご家族の、そしてお子さんの薬をジェネリックに変更される方が多いです。

 

一体ジェネリック医薬品ってどんなものなの?解りやすくカンタンに説明します!

 

◆ジェネリック医薬品って?

新薬を開発した製薬会社は20年から25年ほど、自社が開発した新薬を独占的に生産・販売ができます。この期間を特許と言います。

 

この特許が切れた後、新薬と同じ成分の物を、別の製薬会社が生産・販売することが出来ます。これがジェネリック医薬品(後発医薬品)と言います。

 

◆ジェネリック医薬品はなぜ安い?

新薬を開発した製薬会社は、開発までに長い年月と莫大な費用がかかります。特許を独占している期間は、販売する際に、開発にかかった費用などを少し上乗せして販売します。

 

しかし、ジェネリック医薬品の場合は、すでに開発されている他社の製品を、自社で同じように作って販売するので、開発までの年月や莫大な費用が発生しない分、価格が安いのです。

 

◆ジェネリック医薬品の安全性は?

ジェネリック医薬品を販売するまでには、国が定めた厳しい基準をクリアしなければ、皆さんのお手元には届かないようになっています。

 

国が定めている基準はとても高く、先発医薬品と同じ効き目・成分・安全性が保証されていることが解っています。

 

◆先発医薬品とジェネリック医薬品の有効成分は同じ

開発した会社が独占的に販売した後に特許が切れて、他社も同じように同じ有効成分で販売する・・・実際には先発品もジェネリックも、“同等な物”には変わりありません。  

 

価格が安い、ジェネリックの知識が無い・・・そんな不信感から、ジェネリック医薬品に抵抗があるママも少なくありませんが、今後は積極的にジェネリック医薬品の使用も検討してみてください。

 (photo by: //www.ashinari.com/

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ジェネリックに関する記事

ジェネリック医薬品ってどうして安いの?その理由とは

            ジェネリック医薬品という言葉を耳にしたことがあります...

ジェネリック医薬品ってどうなの?医者の4割がジェネリックを勧めないわけとは?

  2008年に日本調剤薬局に提出された処方箋を調べたところ、その4割にジェネ...


ジェネリック医薬品の普及率が日本と欧米でなぜ違うの?

    欧米ではすでに主流となっているジェネリック医薬品ですが、いま日本でも...

お風呂に一工夫を!夏の快眠の鍵はバスタイム リラックスバスソルトの作り方

夏はなかなか寝苦しい夜が続き、快眠とは程遠いという人も多いのではないでしょう...

カラダノートひろば

ジェネリックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る