カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 子供の風邪症状、熱、嘔吐、咳…こんな症状のとき、どうしたらいいの?

育児

子供の風邪症状、熱、嘔吐、咳…こんな症状のとき、どうしたらいいの?

子供は年中、風邪をひいてしまいます。その症状はさまざまで、症状によって対処も変わってきます。

子供の症状が熱、嘔吐、咳・・・こんな時、どう対応したら良いでしょうか?

症状別の対処法を見ていきましょう。

 

発熱症状が出たら…

むやみに解熱剤を使わないことです。体本来の治癒力を最大限に出してあげましょう。

水分をしっかりとり、着替えは小まめに!

また、太い血管が通っている脇や足の付け根を冷やすと効果的です。

 

嘔吐症状が出たら…

胃に入れてしまうと吐いてしまうので、無理に胃に入れないことです。

水分はスプーン1杯から少しずつ増やしていきましょう。

寝かせるときは、横に向けて、万が一嘔吐してしまっても喉に詰まることがないように!

 

※嘔吐物の処理方法

嘔吐物が付着した衣類などは塩素系洗剤につけ、部屋の換気をしましょう。

嘔吐物には沢山のウィルスが含まれているので、二次感染を出来るだけ回避しましょう。

  

咳症状が出たら…

部屋が乾燥していると咳こみやすくなるので、加湿器を使用しましょう。

また、はちみつは高殺菌作用があるので、はちみつレモンなどを飲んだりすると効果アリ!

 

お風呂あがりにすぐ寝てしまうと、体温変化から咳が出やすくなるので、お風呂あがりは少し時間を置いて寝るようにしましょう。

 

風邪をひくと、小児科へつれて行く判断にも悩んでしまいますし、夜間であれば診療外で薬をもらえず戸惑ってしまうこともあります。

しかしそんな時こそ対策を知っておくと安心です。

(photo by: http://www.ashinari.com/2011/07/26-348605.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

夏に要注意!溶連菌感染症とその治療について

  子供に多い病気、大人に多い病気というのは少なからず存在しています。 子供...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る