カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. おりもの >
  4. 年齢や生理周期にともなうおりものの変化とは?

女性のカラダの悩み

年齢や生理周期にともなうおりものの変化とは?

なんだか最近、おりものの量が増えたような気がする…。臭いも変な気がする…。そういえばたまに下腹部痛もあるし、もしかして病気?そんな風に悩む女性は多いようです。

 

ここでは、年齢や生理周期にともなって、おりものは一般的にどのように変化するのかをまとめてみたいと思います。

 

生理周期にともなう変化

月経直後

・月経後2~3日間は、おりものはあまり出ません

 

卵胞期(月経後1週間程度)

・おりものの量が最も少ない
・サラサラと粘り気のないおりもの
・色は白~クリーム色
・排卵期出血があると、茶色いおりものが出ることも

 

排卵期(月経と月経の中間あたり)

・おりものの量が多くなる
・排卵直前には卵の白身のような、透明の粘り気のあるおりものが出ることも。

 

黄体期(次の月経までの2週間ほどの間)

・おりものの量は再び少なくなる
・粘り気が減り、白く濁ったおりものに
・月経が近くなると量が少なくなるが、臭いがきつくなる

 

年齢にともなう変化

初経の頃

・卵胞ホルモンの分泌が始まると、おりものもたくさん分泌されるようになります。

 

更年期

・女性ホルモンの低下にともない、おりものの量が少なくなります。
・40歳代のころから少しずつおりものの量は減っていき、閉経すると極端に少なくなります。

 

本来ほとんどおりものがない思春期以前や閉経後におりものの量が増えるのは、何らかの異常を知らせるサインであることも。おかしいなと感じたら、婦人科で相談したほうが安心です。

 

おりものが少しあるだけで「何か異常では?」と心配する人もいるようですが、腟の自浄作用を担うおりものは、いつでも多少あるのが正常な状態。おりものシートでカバーできるなら正常の範囲と思って良いようです。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●いったいなに?セックスのあとの気になる出血

(Photo by://www.pakutaso.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

おりものがくさい気がする…どうすればいいの?

  陰部のにおいが気になって、膣の中まで石鹸で洗うように。でもにおいはさらにキ...

年代によって変わる、おりものの量

エストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて分泌されるおりものは、生理周期の中...


おりものがいつもと違う…もしかして○○の病気!?病院で受ける「おりものの検査」とは?

婦人科系の病気の前兆を知る、限られた手がかりのひとつが「おりもの」です。 特に...

あなたはどのタイプ?東洋医学とおりもの

    東洋医学では、おりものの状態によってどんな体質に属するかが分かり...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る