カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. おりもの >
  4. おりものが知らせる病気のサインとは?

女性のカラダの悩み

おりものが知らせる病気のサインとは?

 

おりものの量や状態は、年齢や月経周期に応じて変化しているので、「いつもと違う」と思っても異常ではないことがほとんど。しかしなかには、おりものの状態が何らかの病気のサインであることがあります。ここでは気になるおりものについてまとめてみました。

 

 

●異常なにおい、異常な黄色>トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という原虫が膣に寄生することによって引き起こる性感染症です。性交渉意外でも、公共の温泉浴場や脱衣所、便器などを介して感染するケースもまれにあるようです。

悪臭がする、または黄色や白く濁ったおりものが出るほか、外陰部の痛みやかゆみ、排尿時の痛みを伴うこともあります。

 

●さかなのような悪臭、灰色がかった色>細菌性膣炎

本来、膣内には常在菌がいて悪玉菌の繁殖を防いでいますが、体調の悪化や洗いすぎ、妊娠等によるホルモンバランスの変化で自浄作用が低下すると、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの一般細菌が通常以上に増殖し、膣炎を起こすことがあります。

カンジダ膣炎と並んでポピュラーな炎症で、「さかなのにおい」といわれる悪臭をともなうおりものが増加します。

 

●酒粕状、カッテージチーズ状、クリーム状>カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、真菌(カビの一種)が膣内で繁殖して起こる病気。通常は腸内や膣内に常在していて何の問題もない常在菌が、加齢や病気、ストレスなどにより体の抵抗力が弱まったりした際に繁殖して起こります。とてもポピュラーな病気です。

性交渉で感染することもありますが、抵抗力が落ちたために発症することのほうが多いようです。白っぽいおりものが増え、ヨーグルトやカッテージチーズのような状態になります。 

 

●茶褐色>子宮頸ガン、子宮体ガン、膣壁からの出血

血液がおりものに混ざっている状態です。おりものに赤い血が混ざるというよりも、茶褐色のおりものになります。これは、出血してからおりものとして出てくるまでに時間が経っているためです。また、閉経後の女性に見られる萎縮性膣炎でも黄色~褐色のおりものになります。

ほかにも、淋菌感染症やクラミジア感染症でも、おりものの色や量に変化が現れる場合があります。

 

 

おりものの量や色に加えて、かゆみを伴うなど「何かヘンだな」と思ったら、そのほかの症状や生理周期を踏まえつつ、早めに婦人科を受診してみると良いでしょう。

 

photo by://www.pakutaso.com/20131020288post-3373.html

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

年齢や生理周期にともなうおりものの変化とは?

なんだか最近、おりものの量が増えたような気がする…。臭いも変な気がする…。そう...

「量が増えた」「においが変?」「いつもと違う色!」このおりものの変化って病気のせい?

おりものがいつものものと違っても、その違いが病気なのか?そうではないのか?とい...


白くてサラサラのオリモノの原因は?ホルモンの変化とおりものの関係

無色透明なはずのオリモノが、なんだかサラサラした白いものに変わってしまった・...

「茶色いおりもの」たまにあるから大丈夫?!それとも病気?茶オリに潜む危険とは

なんだか「茶おり」が続いている…?オリモノの色自体は健康状態に左右されるもの...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る