カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 子供の熱性痙攣!こんな時、どうしたら良いの?!

育児

子供の熱性痙攣!こんな時、どうしたら良いの?!

 

子どもが高熱を出した場合、熱性痙攣を起こしてしまうことがあります。初めて見る“子供の痙攣”に、親は動揺してしまいます。熱性痙攣のことを少しでも頭に入れておくと、いざというときに対処ができます。

 

◆熱性痙攣とは?

まだまだ未熟な脳が、高熱によってショートしてしまう現象です。子供の成長と共に、脳も発達していくので、痙攣をしなくなります。

 

◆どんな症状?

一気に熱が上がっていくときに起こりやすく、全身の痙攣が見られます。中には嘔吐をしてしまう場合も。熱性痙攣が起こった後は後睡眠という、意識を失ったかのように眠る症状が見られます。

 

◆痙攣時の対応とは?

・痙攣中は床に横向きに寝かせる(嘔吐しても喉につまらないように)

・痙攣の時間を把握する

・痙攣の出方を把握する(手足の痙攣が左右対称かどうか、目線など)

・大声で声をかけたり、揺らしたりせず、安静にさせましょう。

・痙攣が治まった後に病院へ。痙攣時間と出方をしっかりと医師に伝えましょう。

 

 

熱性痙攣自体は1~2分程度で収まることが殆どです。その後、様子を見て病院へつれて行きましょう。5分も続くようであれば救急車を呼ぶことが最適です

 

初めて痙攣を目の当たりにする親は、とても動揺してしまい、パニックになってしまいますが、熱性痙攣は小さいお子さんによく見られる症状です。しっかりと知識をもつことが最大の対策になります。

 

(photo by: http://www.ashinari.com/2008/08/20-006803.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

子どもへの薬の使い方

  副作用の可能性を減らし、薬を安全にかつ有効に使用するためには大人はもちろん...

室温や湿度も大切!こどもの咳を楽にするケア方法4つ

子どもが咳き込んで苦しそうにしている姿はかわいそうで、何とか楽にしてあげたい...

ホームケアの体験談

マッサージ× 綿棒刺激× 便秘薬△ 治らない赤ちゃんの便秘

長女に続き、三女が生まれながらにして便秘体質でした。 長女は綿棒刺激でなんとか出ていたのですが、三...

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る