カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 診察内容 >
  5. 婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

女性のカラダの悩み

婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

生理や体調のことで気になっても婦人科に行きにくくて、気が付けば何年も経ってしまった…なんて人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは「婦人科に行きたいと思っても躊躇してしまう」ことについて取り上げてみました。

 

Q:男性の医師はちょっと抵抗が…

この10年間ほどの間に、婦人科の女医の数はぐんと増えて来ました。実際、内診するときの器具の挿入の仕方やカーテンを閉めるタイミングなど細かな点に配慮があったり、症状を話したときに「つらかったでしょう」と共感してもらえたなど、女医に診てもらって良かったという意見もあります。

 

開業医であれば、ほとんどのクリニックがホームページを設けていますので、担当が女医かどうか事前に調べることができます。

 

また、総合病院の婦人科であれば、事前に電話で「そちらには女医さんはいらっしゃいますか?」「女医さんの診察は何曜日の何時ですか?」と確認することで、受診前の不安感を払しょくすることができます。

 

Q:内診は必ず受けなきゃならないの?

内診が恥ずかしくて、婦人科に行くのを躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。婦人科に行ったら必ず内診を受けなければならないのでしょうか?答えはNOです。

 

本人が望まない場合、内診が必要ない場合、必要性が低い場合、性体験がない場合などには、問診や尿検査、血液検査、超音波検査だけで済む場合もあります。

 

医師といえど赤の他人にプライベートな部分を晒すのですから、問診を踏んで納得できてから内診に踏み切り、そうでなければ断っても構いません。

 

診察で大切なのは、必要な情報を医師から受け取ること。内診しなくても必要な情報を得られるのであれば、必ずしも内診しなくても良いのです。

 

なかには、内診を断ると「婦人科にかかったのだから、医師の指示に従って正確な診断に協力すべき」と怒りだす医師もいるかもしれません。内診に不安が強い人は事前に電話をして、「内診したくないのですが、受診できますか」と尋ね、医療側の姿勢を確認しておくと安心です。

 

Q:生理中は受診できない?

重い生理痛で苦しんでいて、今すぐ病院に行って薬を処方してほしいけど、生理中は受診できない…と思い込んでいる女性が、意外と多いようです。

 

しかし、生理中に婦人科にかかることはNGではありません。場合によっては、最も調子の悪い時を診察することができて、分かりやすい場合もあります。生理中でももちろん内診はできますし、出血の様子がおかしいといった相談もリアルタイムに行えます。

 

「生理=けがれたもの」として隠す習慣のなかで、生理中に受診するなんて医師に失礼と感じる人もいるかもしれませんが、婦人科の専門医に対してその気遣いは不要です。気になるようなら、あらかじめ電話で月経中である旨を伝えると良いでしょう。

 

婦人科の疾患は、恥ずかしさもあってつい我慢してしまいがちですが、放っておいては治るものも治りません。自分の受けたいような診察を受けられるように、電話やインターネットを使って情報を収集し、受診につなげたいですね。

photo by://www.pakutaso.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

診察内容に関する記事

婦人科ではどのような診察をするの?

生理などでつらい症状がある場合は、迷わず婦人科や女性外来に行きましょう。月経中で...

膀胱炎の診察

  膀胱炎は女性がかかりやすい病気ということを知っているでしょうか。膀胱炎は膀...


まずは病院へ~更年期障害の診察と治療内容

  更年期障害の治療には、さまざまなアプローチがあります。婦人科で受けられ...

婦人科検診のススメ。

  近年、ライフスタイルの変化に伴い乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気にかか...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る