カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 選び方 >
  5. 医師の治療方針に納得してますか?婦人科でのセカンドオピニオン

女性のカラダの悩み

医師の治療方針に納得してますか?婦人科でのセカンドオピニオン

 

セカンドオピニオンは、直訳すると「ふたつめの意見」。診断や治療法は、医師または医療機関によって異なることがあるため、最近では当たり前のように多くの人がセカンドオピニオンを求めるようになっています。しかし、婦人科ではあまり普及しているとはいえないようです。婦人科でセカンドオピニオンをしたいとき、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

 

■ひとつ目の医師にきちんと説明してもらう

セカンドオピニオンに来る患者の多くが、はじめの医師から十分な説明を受けられずに不信感を持っているようです。なかには、質問したら怒り出す、「あなたに説明してもわからない」と面倒くさそうにするなど、やむを得ない場合もありますが、分からないことがあるのなら、きちんと質問をして、説明してもらうことが大切です。

 

 

最初の病院での情報を持参する

セカンドオピニオンの病院に、初めてかかるような顔で行ったのでは、自分自身も医師も時間の無駄になります。セカンドオピニオン先に、最初の病院での情報を持っていくと役に立ちます

 

できれば、検査データやカルテのコピーをもらい、紹介状も書いてもらえるとベスト。しかし医師が不機嫌になるのが怖くて言い出せない場合もあるでしょう。その場合は、検査データのコピーを「自分で調べるため」としてもらいつつ、自分なりにこれまでの経過と、最初の病院での診断内容をまとめて持参すると良いでしょう。

 

 

■どんな時にセカンドオピニオンをするべき?

セカンドオピニオンをとってみたけど最初の医師の意見と変わりがなかったり、または違いすぎて混乱することもあるかも知れませんが、以下のような場合にはセカンドオピニオンが役にたつでしょう。


・最初の病院の診断や治療方法が妥当か確かめたい
・最初の病院の主治医がその分野の専門医ではない
・主治医から質問を受けなかった
・勧められた治療法に不安や抵抗感、苦痛を感じる

 

 

なんとなくやみくもにいくつかの病院にかかっても、求める情報を得ることは難しいかもしれませんが、最初の医師の治療方針に納得がいかないままうなずいてしまうことがないよう、どのような治療を受けるかは自分自身で決めていきたいですね。

 

photo by://www.pakutaso.com/20130253044post-2421.html

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方に関する記事

何がポイント?自分に合った婦人科選び

  女性にとって良い婦人科を見つけることは、健やかに過ごすための大きなプラ...

女性の味方~女性科・女性外来を知っていますか?

女性ならではの疾患や悩みを治療・相談するといえば、婦人科や産婦人科が一般的で...


アナタにとっての名医とは?病院選びのコツ

  かかりつけの婦人科選びでは、何を基準にしたらよいでしょうか。雑誌などで...

婦人科を選ぶときに参考に!~婦人科で受けられる診療内容

  婦人科を選ぶ際には、診療内容の特徴から自分に合った病院を探すと良いでし...

カラダノートひろば

選び方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る