カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 検査・治療 >
  6. 知っておくと安心!病院での性病(STD)検査、どんな検査が行われるの?

女性のカラダの悩み

知っておくと安心!病院での性病(STD)検査、どんな検査が行われるの?

 

性病(STD)に罹患したかもしれない…

と思っても恥ずかしくてなかなか病院に行けない方も多い病気です。

 

性行為についてあれこれと聞かれるのではないか、知り合いに性病(STD)ということがばれたらどうしようと考えてしまう方も少なくはないのです。

まずは性病(STD)が考えられる場合に病院で受ける検査を見てみます。

 

●基本の検査は血液検査、おりもの検査、粘膜検査、問診

性病(STD)の基本的な検査は血液検査、おりもの検査、粘膜検査です。病院の場合はそれにプラスして問診も行われます。

血液検査、おりもの検査、粘膜検査、問診のいずれもそれほど時間のかかる検査ではなく、入院してまで検査をするという場合はほとんどありません。

午前中だけ、午後だけといった限られた期間で検査をしてその後検査結果を聞きにもう一度病院に来ます。ものによっては即日で結果がわかりますし、遅くても翌日、培養検査が必要な場合でも1週間程度ではっきりとわかります。

 

●血液検査のやり方とわかる病気

性病(STD)の血液検査は一般的な血液検査とその方法に違いはありません。腕などに針を刺してそこから少量の血液を採取し、その血液の中に性病(STD)の原因菌などが含まれているかをチェックします。

血液検査によって梅毒や性器ヘルペスなどの性病(STD)が発覚します。

 

●おりもの検査と粘膜検査

性病(STD)の検査のうちおりもの検査は女性だけに行われる検査です。男性の場合は尿検査を行います。

おりものの検査では膣内に綿棒を入れて粘膜から膣分泌物を採取し、それを観察して検査とします。膣内に入る綿棒は大きなものではないですし痛みもほとんどありませんので安心してください。

粘膜検査というのは喉の粘膜の検査です。こちらも綿棒のようなもので喉の分泌物を採取します。

 

病院で行う性病(STD)の検査は問診の他に血液検査、おりもの検査(女性のみ)、粘膜検査の3種類があります。

それぞれひどい痛みを伴う検査ではなく、早ければ即日で結果が出ます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/06/18-002675.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

子宮頸がんワクチン「サーバリクス」に代わるか?STD(性感染症)の新薬登場!

医学・薬学は世界中で研究され、日々進歩しています。厚生労働省も安全性を十分に...

様々な性病の潜伏期間を知って、早期の検査を!

    こんな恐ろしい性病が潜んでいた!   気づいた時にはもう立派な感染者だと...


注意!風俗では性感染症に感染する恐れがある!

    風俗と性病     不特定多数の相手と性交渉をすれば、誰かが性感染症にな...

自宅でチェックできる!性病(STD)チェッカーってどんなふうに使うの?

以前は性病検査というと病院での検査が中心となっており、性病(STD)かもしれな...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る