カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 検査・治療 >
  6. キット、保健所、病院…性病(STD)検査はどこで調べる?

女性のカラダの悩み

キット、保健所、病院…性病(STD)検査はどこで調べる?

 

性病(STD)の検査の方法は血液検査やおりもの検査で、検査方法に違いはないものの検査機関はいくつかあります。

代表的なものが性病(STD)検査キットでの検査、保健所での検査、そして病院での検査です。

 

それぞれの検査機関による違いを見てみましょう。

 

性病(STD)検査キットは自宅で可能!恥ずかしくない!

性病(STD)の検査というと人に性器を診られたり、検査とは言えども触られたりするので少し嫌だと感じる方も多いようです。

 

ですが性病(STD)検査キットの場合は自分で膣からの分泌物を採取するので恥ずかしさがないのが特徴です。

また、検査機関に行く時間がない方でも出来る性病(STD)検査ということで人気があります。

 

ただし、性病(STD)検査キットの場合は費用が高額になりやすいですし、正確な採取が出来ていない場合は正確な結果が出ないというデメリットもあります。

 

保健所の検査も実は匿名!

保健所で行う性病(STD)検査も性病(STD)検査キットと同じように匿名で行われています。しかも無料ということで性病(STD)検査キットの価格が気になるという方にはお勧めです。

 

ただし、保健所に行く手間はもちろんあります。また、保健所の性病(STD)検査はHIV、梅毒、クラミジア、淋菌といった限られた検査しか行われないという問題も存在します。

 

病院での検査はすぐに治療が受けられる

性病(STD)検査キット、保健所での検査とは違って匿名ではない、医者に性器を診られる、時間が限定されるということで避けられがちな病院での性病(STD)検査ですがメリットは多いです。

 

医療従事者による正確な採取によって正確な結果が出ますし、検査できる性病の数も多いです。

また、そのまま治療計画を立てて治療できるというのも病院の性病(STD)検査の特徴です。

 

病院、保健所、性病(STD)検査キットの3つを比べた時に匿名性を重視したいなら保健所や性病(STD)検査キット、すぐに治療に入れる体制を重視するなら病院、調べられる性病(STD)の種類が多い方がいいなら性病(STD)検査キットか病院をおすすめします。

 

病院は恥ずかしい…そんな時は「性病検査」キットを使おう

もしかして・・・

性病かも?!

 

「病院で診てもらうのは恥ずかしいから嫌だ」

「誰にも知られたくないけど、辛い」

 

 くよくよ悩んでいないで「性病検査」キットを利用してみてはどうでしょうか?

 自宅で誰にも知られずに迅速に性病の検査ができる「性病検査キット」をご紹介しましょう。

 

検査の流れ

■まず公式ホームページよりキットを注文

性病の種類に応じた検査キットがありますので、注文できるホームページ内で色々探してみましょう。

 

   ↓  ↓    次に     ↓  ↓

 

■梱包や伝票では「性病検査キット」とは絶対にわからないようにして送られてきますので 安心して下さい。   

 

   ↓  ↓    いよいよ   ↓  ↓

 

■いざ検査!ですが、初めての方でも簡単に検査ができるように図解入りの説明書が同封されています。さぁ、早速やってみましょう!

 

   ↓  ↓   返送します   ↓  ↓ 

 

■同封されている返信用封筒に検査の結果を入れたら、あとはポストへ投函するだけです。

 

◆◇あとは結果を待つのみですが、結果は郵送ではなく、インターネットで確認できるようになっています。

 

どうですか?悩んでいても病気は治りません。

思い切って、この「性病検査キット」を使ってみてはどうでしょうか?

くよくよ、もやもや思い悩んでいたり、1人で落ち込んでいるのなら試してハッキリさせるほうがいいかもしれません。

興味のある方は調べてみてください。

 

自宅でチェックできる!性病(STD)チェッカーってどんなふうに使うの?

以前は性病検査というと病院での検査が中心となっており、性病(STD)かもしれないと思っても病院にまで行くのは気が引けると感じる方も多かったようです。

そんななか、最近では性病(STD)チェッカーというものが登場しました。

 

性病(STD)チェッカーって何?

性病(STD)チェッカーは自宅で自分で検査することが出来る性病(STD)検査キットのことです。自宅で必要な検査を行って郵送すると結果がWebでわかるというシステムです。

 

性病(STD)チェッカーは恥ずかしさが少ない、病院に行く手間がないということから人気の性病(STD)検査となりつつあります。

 

性病(STD)チェッカーの使い方を知ろう

性病(STD)チェッカーでチェックできる病気はさまざまで、どの病気に関する検査を受けるかによって少しずつ検査の方法が異なります。

 

代表的なものは血液検査、膣分泌検査、咽頭ぬぐい検査の3つです。カップルで検査を受けようと思っていて男性の検査内容も知りたいという方もいるかもしれません。

男性の場合は血液検査、咽頭ぬぐい検査、尿検査の3つとなっています。

 

血液検査は自宅で出来るの?

膣分泌液や咽頭ぬぐい液は採取するのがそれほど難しくありませんが血液検査に関しては、自分で採取できるのか疑問という声もあります。

 

性病(STD)チェッカーでは使い捨ての採血器具を使って自分で採血を行います。指からの出血をろ紙につけて郵送するのがやり方です。

 

傷がつくので多少の痛みはありますが病院で看護師が行う採血のように専門的な技術は必要としていないので素人でも問題なく行えます。

 

性病(STD)チェッカーでは膣分泌液や咽頭ぬぐい液、血液を採取して郵送で送ることで性病(STD)検査を行います。

性病(STD)の使い方は難しくはなく、血液検査であっても採血キットがあるので安心してください。

 

他人事じゃないSTD(性感染症)爆発的に感染者が増えるのはなんと15~19歳!なぜ?

STD(性感染症)は大人の病気と思われがちです。そして中高生では、20~30代の人たちがかかる病気だと思っています。それは本当でしょうか?

 

STDが爆発的に増えるのは、15歳から!

厚生労働省の性感染症報告によると、全体的なSTDが急激に増える年齢は15~19歳となっています。それまでは主に母子感染(お母さんから赤ちゃんへ移ってしまったもの)で、年間に数人程度報告されています。しかし、15~19歳となると10~14歳に比べてこれだけの患者数が増えているのです。

 

・性器クラミジア 2,856人増

・性器ヘルペス 341人増

・尖圭コンジローマ 326人増

・淋菌感染症 822人増

・梅毒 24人増

(平成23年度報告数)

 

なんで15歳から増えてるの?

今は中高生でもSEXを行う時代です。性の低年齢化に伴い、感染者の年齢も低くなっています。また、中高生では正しい予防知識を持っている人も少なく、予防行動をとれていないことも考えられます。

 

若くても、感染する可能性が十分にあります。まずは自分で行動できるようになって、自分の身は自分で守れるようにしてほしいですね。

 

人には相談しにくい…性感染症やエイズの電話相談窓口を利用しよう!

「症状があるけど、本当かな?」「病院に行くべきかな??」

「でも、婦人科って恥ずかしい・・・」「病院に行く時間なんてない!」

疑いのあるときにみんなが病院に行けるわけじゃないですよね。

そんな時に、どこか相談できるところはあるんでしょうか??

 

電話相談・健康相談室

(財)性の健康医学財団では、無料で性感染症についての相談ができます。

 

☆電話相談

通話料はかかりますが、話してくれる相手は医師や助産師ですので、病院に行く前に行った方がいいのか知りたいという方は、相談してみるといいかもしれません。

時間が決まっていますので、HPで確認して電話してみてくださいね。

 

☆健康相談室

専門の医師による、面接相談です。

相談だけでなく、話を聞いて希望があれば診察・検査が実施できます。

相談・診察・検査は全て匿名で、しかも無料で行えます。

ただし、完全予約制で、場所が決まっていますから、HPで確認してみてください。

 

HIV相談

(財)エイズ予防財団では、エイズの電話相談窓口を開設しています。

固定電話からはフリーダイヤルでかけられますが、携帯電話からは通話料がかかります。

専門の相談員が相談に乗ってくれます。

 

また、API-NETでは、HIVの検査をしてくれる場所を都道府県別で紹介してますから、心配な方はまず調べてみてくださいね。

 

性感染症は、早期発見・早期治療が大切です。

「あれ?」と思ったら、まずは相談してみましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/10/30-372379.php?category=404]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

様々な性病の潜伏期間を知って、早期の検査を!

  こんな恐ろしい性病が潜んでいた!   気づいた時にはもう立派な感染者だ...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る