カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 予防 >
  6. 性病(STD)を予防できるワクチンはあるの?

女性のカラダの悩み

性病(STD)を予防できるワクチンはあるの?

 

病気の予防といえばやはりワクチンがまず最初に思いつきますよね。子供の内にさまざまな病気のワクチンを受けた、自分の子供に受けさせたという記憶のある方も多いと思います。

また、持病を持っている方は持病の症状がひどく出ないように毎年インフルエンザワクチンを打っているという場合もあるかもしれません。では性病(STD)のワクチンはあるのでしょうか。

 

●3大性病(STD)のワクチンは存在しない

日本国内でも患者数が多い性病(STD)といえば淋菌感染症、クラミジア、梅毒があります。

特に淋菌感染症、クラミジアについては全国の967の医療機関で平成23年度1年間で調べたところでも35000人を超える患者がいました。これら2種類の性病(STD)はメジャーな性病(STD)といえるでしょう。

そんな梅毒、淋菌感染症、クラミジアにはワクチンはありません。

 

●肝炎のワクチンは存在する!

一般的にあまり性病(STD)のイメージはないですがA型肝炎、B型肝炎、C型肝炎も性病(STD)のひとつです。特にA型肝炎とB型肝炎は性行為による感染が多く、B型肝炎は海外旅行中の感染なども見られるようです。

3種類の肝炎のうちA型肝炎とB型肝炎のワクチンは存在します。2-3回の接種によって抗体ができますのでワクチンを受けるのもひとつの方法です。

一方で同じ肝炎ではあってもC型肝炎のワクチンは存在しません。C型肝炎は性行為による感染の少ない性病(STD)です。

 

●HIVワクチンは開発中

感染して症状が出れば日常生活を送ることはほぼ不可能、死に至る可能性も高い性病(STD)として恐れられているのがHIVです。HIVのワクチンは現在開発中で、一般の医療機関でHIVのワクチンを受けられるようになるにはまだまだ時間がかかります。

 

性病(STD)の予防のために受けられるワクチンの種類はそれほど多くはありません。A型肝炎、B型肝炎のワクチンはありますがC型肝炎、淋菌感染症などのワクチンはありません。

HIVのワクチンは開発中で、できるにはまだまだ時間が必要です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/28/01/35/vaccination-67477_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

コンドーム、ちゃんと使ってる?世界のコンドーム事情と日本での使用率

STDの予防には、コンドームの使用がとても大切です。患部や精液との接触を防いで...

コンドームを付ければ100%OK?間違った性感染症予防について

     これをやれば安心?   「性感染症には感染したくない」   ...


【豆知識!】性感染症の予防法Part1

  いろんな原因で感染する性感染症、だれもがかかる危険性を持っています。 ...

女性の性病(STD)の予防法!コンドームの正しい使い方、知ってますか?

放っておくとこんな危険が! STDは種類によっては再発を繰り返したり、なか...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る