カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 原因 >
  5. 妊娠が神経痛の原因に?!手根管症候群!早期治療は早期回復♪

関節痛・腰痛

妊娠が神経痛の原因に?!手根管症候群!早期治療は早期回復♪

 

 

 妊娠をきっかけにして神経が圧迫されて痛みやしびれが出る神経痛があります。

 手首にある手根管という管が圧迫されて起こる手根管症候群です。

 

手根管症候群とは

手のひらの骨と靭帯は手根管というトンネルを形成していて、そのトンネルの中を正中神経と9本の筋肉が通っています。

 

手根管内で正中神経の圧迫が起こると、その支配領域である中指・人差し指・親指の痛みやシビレ、運動障害が起こります。

進行すると物をつまみにくくなったり、親指に力が入らなくなります。 

 

 

原因

骨折などの怪我、腫瘍、手指の使い過ぎ、などで手根管内が狭くなってしまうと起こります。

また妊娠や更年期の女性に多く発症します。ホルモンバランスが崩れる事によって手根管内を通る腱鞘が炎症を起こして正中神経が圧迫されるのではないと言われています。

 

検査

◦チネル徴候

手のひらの神経が圧迫されているところを叩くと、障害されている指先に痛みやシビレが出ます。

 

◦ファレンテスト

両手の背中同士を60秒間くっつけます障害された指先に感覚異常が出ます。 

 

◦筋電検査

筋電図を使って神経の伝達速度を調べます。障害されている手のところは他の部位よりも神経伝達速度が遅くなります。

 

治療

保存療法としては手首を固定して安静にします。

ステロイド薬を手根管内に注射する事もあります。

 

それでも良くならない場合は手術となり、靭帯を切開して正中神経への圧迫を取り除きます。

 

まとめ

妊娠・出産時には手根管症候群を発症しやすくなります。

神経の病気は治療が早ければ早いほど、回復するスピードも速く改善の成果も良くなります。

手根管症候群は手指の使い過ぎでもなる疾患です。もし指にシビレや痛みを感じたら、出来るだけ早めに病院の受診を受けましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/26-370375.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛みで力が入らない!この痛みは何なんでしょうか

どこからともなくやってくる、ピリっとした痛み。時には激痛の時もあるでしょう...

日常生活が神経痛発症に関係している?

  【血行不良が原因の神経痛】  神経痛の原因のひとつに閉塞性動脈硬化症...


ある日突然あなたも神経痛を発症するかもしれない…その原因とは

『神経痛』は症状や原因によって様々な種類があり、自覚できるものから無自覚のも...

ヘルペスウイルスが神経痛を引き起こす!長引けば長引くほど痛みが残る!

     神経痛の中にはウイルスが原因となるものがあります。その代表的なもの...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る