カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 吐き気・嘔吐 >
  4. もしも急に頭痛、吐き気、めまいに襲われたら…

頭痛

もしも急に頭痛、吐き気、めまいに襲われたら…

頭痛、吐き気、めまいはその症状だけではどんな病気なのかはわかりません。耳の病気であるメニエール病の可能性もありますし、脳の血管などに問題が起きた可能性もあります。

 

また、疲れやストレスが原因で頭痛・吐き気・めまいの症状が出ることもあり、症状だけですぐに病気を判断することはできないのですが、対処することは大事です。

 

急に頭痛・吐き気・めまいの3つの症状が出た時の対処方法を見てみます。

 

●まずはその場で静止する

会社の帰り道や買い物に出ているときに頭痛・吐き気・めまいが起きたらまずはその場で止まってください。大勢の人が歩いているところで突然止まるなんて…と思うかもしれませんが無理に歩いて転んだりする方が危険です。

 

横断歩道や踏切でない限りは一度止まってしゃがむのが効果的です。少ししゃがんだ状態を保った後に動けるようならきちんと休める場所に移動してください。動けなければ周囲の人に手助けを求めましょう。

 

●安静にするときは音・光を遮断する

家で頭痛・吐き気・めまいが起きた時には音と光を出来るだけ遮断するようにしましょう。まずテレビや音楽機器などはスイッチを切って静かにします。

 

吐き気がそれほどでもないというときは真っ暗でもよいですが、吐き気がひどいときは吐しゃ物を受け止める洗面器などが見えないと困るので薄暗くしましょう。

 

またベルトなどをしている場合はベルトを取って少しでも衣服を緩めてください。

 

●痛みのレベルや時間によっては病院へ

頭痛がした後に腕が上手に動かなくなった、話そうとしてもろれつが回らなくなったなどの症状が出ていると脳の病気の可能性が高いので早めに病院に行ってください。それ以外にも今までに体験したことのないような強いめまい、ひどい吐き気の場合は病院へ行くことが肝要です。

 

痛みが30-40分続いているときにも病院へ行くことを検討しましょう。

 

急に頭痛・吐き気・めまいに襲われた時はよほどのことがない限りその場から動かずに一度しゃがむのが効果的です。安静に出来る場所があれば光と音を遮断して横になりましょう。頭痛やめまい・吐き気の症状の重さによっては病院へ行くことも考えてください。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気・嘔吐に関する記事

その吐き気、もしかしたら頭痛から来ているかも!?

頭が痛いという経験は、多くの人があると思います。 頭痛からも、さまざまな症...

頭痛と吐き気が…憶えておきたい、頭痛から考えられる4つの病気

普段から頭痛がある場合、頭痛になれてしまっていることもあり、症状の裏に病気が...


頭痛、吐き気、下痢!!これらから考えられる3つの病気とは??

誰もが、いちどは経験があるかもしれない、頭痛、吐き気、下痢・・・。ですが、こ...

ストレス性頭痛、吐き気の見分け方!痛みの特徴、すぐできる対処法まとめ

ストレスからくる頭痛や吐き気にもちょっとした特徴があります。頭痛や吐き気はい...

カラダノートひろば

吐き気・嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る