カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 吐き気・嘔吐 >
  4. 頭痛、吐き気、下痢!!これらから考えられる3つの病気とは??

頭痛

頭痛、吐き気、下痢!!これらから考えられる3つの病気とは??

誰もが、いちどは経験があるかもしれない、頭痛、吐き気、下痢・・・。ですが、これらがいっしょに出ている場合、考えられる病気がいくつかあります!

 

 

ここでは頭痛、吐き気、下痢と関係性の深い、3つの病気を見てみましょう。

 

ウイルス感染症

風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルス感染症の場合は、頭痛、吐き気、下痢の3つの症状が出やすいです。とくに、ノロウイルスの場合は嘔吐と下痢がおもな症状です。

 

風邪やインフルエンザの場合は頭痛、吐き気、下痢に加えて発熱をともなうこともあります。とくに、インフルエンザの発熱は特徴的で、40度近くまでいっきに体温が上がり、異様なほどのだるさを感じるなど、症状だけでインフルエンザかもしれないと気づくくらいです。

 

低血圧

低血圧とは、最高血圧が90㎜Hg以下の状態をさしています。低血圧になると血行が悪くなり、腸のはたらきに影響をおよぼし、最終的に下痢になってしまうことがあります。

 

また、低血圧の人は頭痛になりやすいこともわかっています。ただし、なぜ低血圧だと頭痛になるのかはっきりとした理由はわかっておらず、しくみについてはなぞの部分が多いです。

 

吐き気については、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスの時のように、本当に嘔吐してしまうことは少なく、食べたものが上ってくるような感じが特徴的です。

 

過敏性腸症候群

ストレスと関係のある病気の一つが、過敏性腸(かびんせいちょう)症候群です。

 

ストレスによって自律神経が乱れ、腸が異常なほどに動いてしまったり、逆に動きを悪くしたりします。下痢が出るのは過敏性腸症候群の下痢型で、自律神経失調によって吐き気がするのが特徴です。

 

また、ストレスによって緊張状態が続いていることから、筋肉が固まりやすくなります。頭痛だけではなく肩こり、首こりの症状を持つ方も多くいます。

 

頭痛、吐き気、下痢という3つの症状から考えられる病気には、風邪などのウイルス感染症、低血圧、過敏性腸症候群などがあります。風邪かなと自己判断せず、症状がひどくなる前に、適切な処置を行えるようにしましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気・嘔吐に関する記事

頭痛と吐き気の病気…くも膜下出血って?

頭痛と吐き気または嘔吐の症状が現れた場合、くも膜下出血、脳腫瘍、偏頭痛、緑内...

頭痛と吐き気がひどい…それは単なる頭痛ではなく熱中症かも?

熱中症は体温調節がうまくいかなくなる病気で、暑い時期には熱中症で運ばれる患者...


熱中症による頭痛・吐き気を治す3つの方法

  吐き気や頭痛は熱中症ならではの症状というわけではありませんが、熱中症に...

頭を強く打ってから1週間は様子を見るべき理由とは

頭を打ってから頭痛と吐き気がしたけれど数時間で症状が治まったので特にその後は...

カラダノートひろば

吐き気・嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る