カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 吐き気・嘔吐 >
  4. 頭を強く打ってから1週間は様子を見るべき理由とは

頭痛

頭を強く打ってから1週間は様子を見るべき理由とは

頭を打ってから頭痛と吐き気がしたけれど数時間で症状が治まったので特にその後は気にせずに過ごした、という方も多いようです。ですが、実は頭を強く打ってから頭痛と吐き気が出ているときは1週間はそのことを忘れないようにした方が良いのです。

 

頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではない

頭を強く打つ、つまり急性の外傷の場合は普通打った部分が痛くなり、少し吐き気がしたり実際に少し嘔吐してしまう場合があります。通常はその症状は2-3時間で治まり、その後は普通に過ごしているという方も多いと思います。

 

ただ、頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではなくあとから内部出血による影響が出る可能性もあるので1週間程度は様子を見た方が良いと言われているのです。

 

 

遅発性脳内血腫とは

頭を強く打った直後には特に検査上の異常もなく、頭痛や吐き気もそれほど長く続かないので心配ないと思われがちですが、数日後-1週間後に血腫が発見されるのが遅発性脳内血腫という病気です。

 

2歳くらいの子供、40-50歳の方によく見られる病気で、大人の場合はお酒に酔っていて転んだときは特に注意が必要です。遅発性脳内血腫で血腫が大きければ意識を失う可能性もあり、非常に危険なので頭を強く打ってからしばらく異常がないかのチェックが必要なのです。

 

 

病院に行くべきとき

頭を強く打ってから1週間後までに何らかの変化、急な頭痛や突然のはきけ、めまい、ろれつが回らないなどの症状があれば病院に行ってください。

 

頭を強く打ったとしても軽傷ならば最初の頭痛、吐き気が治まった後に改めて症状がひどくなることはありません。たんこぶなどが出来ている場合にも徐々に症状は軽くなって痛みも少なくなります。

 

 

時間が経つにつれて症状が増えていっている、痛みがひどくなっているという場合は病院へ行きましょう。

 

頭を強く打ったらその場は頭痛と吐き気を抑えるために安静にしておきましょう。それでもよくならない場合や時間が経つほどに症状がひどくなっている場合は病院で検査を受けてください。命に係わる外傷の可能性もあります。

(Photo by: [//www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気・嘔吐に関する記事

頭痛と吐き気の病気…くも膜下出血って?

頭痛と吐き気または嘔吐の症状が現れた場合、くも膜下出血、脳腫瘍、偏頭痛、緑内...

頭痛と吐き気がひどい…それは単なる頭痛ではなく熱中症かも?

熱中症は体温調節がうまくいかなくなる病気で、暑い時期には熱中症で運ばれる患者...


熱中症による頭痛・吐き気を治す3つの方法

  吐き気や頭痛は熱中症ならではの症状というわけではありませんが、熱中症に...

頭痛と吐き気が…憶えておきたい、頭痛から考えられる4つの病気

普段から頭痛がある場合、頭痛になれてしまっていることもあり、症状の裏に病気が...

カラダノートひろば

吐き気・嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る