カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 吐き気・嘔吐 >
  4. 頭を打ってから頭痛や吐き気が…まず何をすべきか?

頭痛

頭を打ってから頭痛や吐き気が…まず何をすべきか?

 

頭を強く打ってから頭痛や吐き気がする場合、頭を強く打って痛みがある場合などの対処方法を見ていきます。

自分が頭を強く打ったときにも使えますが、小さなお子さんなどが頭を強く打ったときにもこの対処法で対処してみてください。

 

●人が頭を打った時は様子を見る

人が頭を強く打って痛そうにしている場合は様子をみてください。子供の場合は慰めながら意識の状態などを確かめるとよいでしょう。

意識ははっきりしているか、けいれんしていないかを確認して意識がぼんやりしているもしくはまったくない、けいれんが見られる場合は救急車を呼んでください。

 

●頭痛や吐き気の際は安静にする

人が頭を強く打った場合も自分が頭を強く打った場合も意識がはっきりしていて頭痛や吐き気があるというときは安静にするのが一番です。

万一嘔吐してしまった時のために横になるなら仰向けではなく横向きになってください。また、動きはゆっくりにして、テレビの音量などを少し下げるのもよいでしょう。

その日のうちはお風呂に入らずに様子を見るのが適切で、頭を強く打ってから1週間は強度の運動などは避けておいた方がよいです。

 

●たんこぶの確認をする・してもらう

頭を強く打って頭痛がするというときはたんこぶが出来ていて痛むのかもしれません。たんこぶの大きさ、出血の有無などを確認するのも必要です。

自分だけで出来ない時は人に頼んでたんこぶの位置、大きさ、出血の有無を確認してもらいましょう。

出血があるときには水などで湿らせた脱脂綿で消毒しますが、あまりにもたんこぶの傷が大きく開いている場合は病院で縫合してもらわなければなりません。

 

人が頭を強く打った時にするべきことは意識の確認、けいれんの有無の確認です。

自分が頭を強く打って頭痛・吐き気がするときには安静にすることが大切で、ベッドに横になるなら仰向けよりも横向きが適切です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/06/03/20/52/thai-child-116002_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気・嘔吐に関する記事

頭痛、吐き気、めまいで考えられるストレートネックとは

頭痛・吐き気・めまいという3つの症状を持つ病気にはさまざまなものがありますが...

頭を強く打ってから1週間は様子を見るべき理由とは

頭を打ってから頭痛と吐き気がしたけれど数時間で症状が治まったので特にその後は...


頭を強く打ったら要注意!

  激しい頭痛、嘔吐の症状が急に現れる急性硬膜下血腫は、頭蓋骨の内側にあり、脳...

頭を打ってからの頭痛・吐き気と外傷性くも膜下出血

    頭を強く打つと脳に障害が出る可能性もゼロではありません。頭を強く打っ...

カラダノートひろば

吐き気・嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る