カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. 洗いすぎには要注意!デリケートゾーンの洗い方って?

女性のカラダの悩み

洗いすぎには要注意!デリケートゾーンの洗い方って?

においやムレなどが気になるデリケートゾーン。

洗う際にはどんなことに気を付けたら良いのでしょうか?

 

自浄作用を大切にして

デリケートゾーンのにおいが気になるという人は多いのではないでしょうか。でも、においが気になるからと、洗いすぎるのは禁物です。

 

膣内にはデーデルライン桿菌という乳酸菌の一種が常在菌として住み着いており、分泌物や剥がれ落ちた細胞に含まれるグリコーゲンを栄養として棲息しています。

 

この乳酸菌がいるために、膣内は酸性に保たれ、外部から病原微生物が侵入し増殖するのを防いでくれています。

ただし、この乳酸菌のおかげで、すこしすっぱいようなにおいがします。

 

また、月経周期によって多い時期と少ない時期があるものの、成人女性は基本的に常におりものが分泌されています。

ムレやにおいの原因となり気になりますが、おりものもまた、膣内の自浄作用を保つ役割を担っています。

 

洗いすぎに要注意

においやおりものが気になるからと、トイレのたびにウォシュレットで膣内を洗ったり、入浴の際に膣内まで石鹸で洗っている人がいますが、洗いすぎることによってデーデルライン桿菌などの常在菌が減ってしまい、膣内の自浄作用が崩れることによって、細菌性膣炎などの炎症を引き起こすことがあります。

デリケートゾーンは、神経質に洗いすぎないことが大切です。

 

どうやって洗うといいの?

人体にある皮脂腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類があります。

エクリン汗腺は全身にあり、水分に富む薄い汗を出します。これに対しアポクリン汗腺から出る汗は、脂肪、タンパク質、鉄分、蛍光物質、尿素、アンモニア、色素などの成分を含み、乳白色で少し粘り気があるのが特徴です。

 

アポクリン汗腺があるのはワキの下、乳首の周り、おヘソの周り、耳の中などの限られた部分のみで、陰部にもアポクリン汗腺があります。また、毛に付随した脂腺という汗腺からは脂肪性の分泌物が分泌されますが、脂腺は陰部にもあります。

 

つまり、陰部は脂肪性の汚れが溜まりやすいということ。石鹸を使って洗う必要があります。とくに、クリトリス周辺の陰核のあたりは皮膚が入り組んであり、恥垢という垢が溜まりやすい部分。石鹸を泡立てて、指先で丁寧に洗ってあげます。肛門周辺も忘れずに。ただし膣内や肛門内など、粘膜は洗ってはいけません。

 

いかがでしょうか?意外とコツが必要ば陰部の洗い方。汚れやすい一方でとてもデリケートな部分なので、適度に洗って衛生状態を保ちたいですね。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●普段とちょっと違う…ゼリー状のおりものが出た!これってどういうこと?

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

デリケートゾーンの正しい洗い方

  女性なら誰しも多少の悩みを抱えているのがデリケートゾーンに関することではな...

面倒なデリケートゾーンの処理はプロにお任せしてみる!?デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンのセルフケア、面倒になっていませんか?最近では、プロの手に任せ...


デリケートゾーンの黒ずみ!原因はふだんの生活にあった!?

色素が沈着してしまうデリケートゾーンの黒ずみ。ひとたび黒ずんでしまうと、元の状...

気になるデリケートゾーンの臭い…原因を突き止めて快適に過ごそう!

  デリケートゾーンの悩みは、人に相談しにくいもの。特に臭いを気にしている人は多...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る