カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 人体が必要とする糖の量

生活習慣病

人体が必要とする糖の量

a1180_006071.jpg

 

糖質は人体が必要とする栄養素で三大栄養素と言われる炭水化物のことです。
この炭水化物が体内で分解されブドウ糖となり、エネルギー源となるのです。
炭水化物は主食である米を始め、たいていの人が毎日大量に摂取しています
しかし、人体が必要とする糖質の量はどれほどでしょうか
ブドウ糖は血液中の赤血球が消費し脳の活動にも消費されます
このときの消費量は合わせても、一時間六グラムほどなのです。摂取した炭水化物の量に比べればあまりに少ない量です。
残った糖質は肝臓にグリコーゲンとして蓄積されるほか、脂肪として緊急時の蓄えとして保存されます。
更には腎臓での糖新生という糖を新たに生み出す機能で、十分な量の糖質が作られるので、糖分が不足するという事態実は非常に少ないのです。

○血糖値を上げるシステム

●食事

食事で炭水化物を摂取することで、糖質をブドウ糖に分解し腸で吸収する。
まずは肝臓に入ってグリコーゲンとなり、余ったブドウ糖が血中へ流れる


●肝臓グリコーゲン分解

上記のグリコーゲンが、血糖値が低下し始めると分解を始め、足りなくなったブドウ糖を供給する。


●糖新生
腎臓で起こる糖を新たに作り出す働き。脳と赤血球をまかなえるだけの糖を作り出せる

人は糖分を取らなくても体内で糖を生産し、脳や赤血球に供給するシステムがあります。
もちろん、適度に糖質を取ることが悪いわけではありません
ですが、糖質を肝臓などで蓄積するようも限りがありほとんどが脂肪になることになるのですから、糖質は制限した方が良いでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/10/03-371368.php)


著者: 杉田さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

糖尿病の方以外にもおススメ*血糖値をお茶で手軽に改善!

  糖尿病の方以外にも、血糖値が気になる方も多いですよね。 でも健康のために運...

宴会シーズンもメニューをチョイスしよう

宴会シーズンもメニューをチョイスして乗り切ろう! 宴会は1年の...


ご飯は砂糖とほぼ同じ

 ご飯も炭水化物であり、砂糖とほぼ同じです。味が甘くないからといって、体内で糖質...

良い油と悪い油

 油は身体に悪いという説や実は身体に悪いという説、賛否両論を耳にすることがよくあ...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る