カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. その他 >
  5. 老化の原因となるホルモンの分泌量の変化について

美容・ダイエット

老化の原因となるホルモンの分泌量の変化について

 

体が老化する原因にはさまざまな要因がありますが、その中の一つに「ホルモンの分泌量の変化」が挙げられます。減少すると老化するホルモンと、増加することによって老化するホルモンがあります。それぞれ、どのようなメカニズムで老化につながるのか、見ていきましょう。

 


■減少すると老化につながるホルモン


骨や筋肉を丈夫にしたり、抗酸化作用や免疫機能を高める働きをするホルモンは、心身を若く保つために必要なものです。30代にさしかかると分泌量が低下し始め、ある一定の量を下回ることによりさまざまな老化現象が目に見えるかたちで現れてきます。このようなホルモンには以下のようなものがあります。


・ヒト成長ホルモン(hGH)…骨や筋肉や皮膚を丈夫にする、しわを減らす、免疫機能を高める、視力や記憶力を高めるなど多くの働きがあり、若さを保つには欠かせないホルモンです。


・メラトニン…抗酸化作用や免疫力を高める力があり、がんを予防したりコレステロール値を下げたりする作用があります。また、睡眠リズムをコントロールしています。


・女性ホルモン(エストロゲン)…女性らしさを保つホルモンです。髪や肌を若く保ったり骨粗しょう症を予防する作用があります。男性の体内にも分泌されています。


・男性ホルモン(テストステロン)…筋肉や骨をたくましくしたり精神面での積極性を高める力があります。女性の体内にも分泌されています。

 


■増加すると老化につながるホルモン


年をとるとともに生活の中に「ストレス」が増えていく傾向にありますが、ストレスによって分泌されるホルモン筋肉量を減らしたり肥満を引き起こしたりと、老化を促すこともあります。副腎皮質ホルモンなどがそれにあたります。

 


加齢によるホルモンの変化は避けて通れない道ではありますが、食事を改善したり薬を服用することで老化に対抗できる方法もあるようです。もう年だから仕方がない…とあきらめず、若さを取り戻せるようホルモンと向き合っていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/28-012246.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

メイクをするのはお肌に負担?化粧は老化の悪習慣となるの??

現代では、お化粧をするのも身だしなみの一つとなっており、お化粧せずに人に会うのは...

光老化を起こさせないために~肌に受けた紫外線・ダメージは修復できるの?

夏に溜め込んでしまった紫外線、そのまま放置をしてしまえば、数年後にシミ・シワ・...


美容の為のケアには、顔だけじゃ足りない?首のケアも始めよう!

  老化現象が出やすい首元は顔と同じようにしっかりとケアをすることが必要...

年齢に適した無理のない運動を!~ウォーキングで老化を予防~

  年をとると筋肉が細くなり、よくつまずくようになったり歩く足取りもおぼつかな...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る